バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

深山CROSS&F.R.P.5を終えて…

昨日今日でSUGOで行われた深山クロスとフリーライドパーティー。
自分で撮った写真と市川君にもらった写真をまとめたので、
かいつまんでご紹介…。



朝起きたら路面はビショビショでマディは必死と思われ…。


c0223419_1673021.jpg



レース前の車検に持って行く直前…、テンションは激低です。

ミーティングでの参考タイムが27分とかなんとか言ってたので、
ソレは結構速いライダーがいい感じに流したタイムなんだと思って、
ボクじゃ50分前後かかるんじゃないかって思ってた。

5時間で6周しなくちゃいけないんで、仮に1周50分かけてたら
休む暇なんかどこにもなく、この路面ではバテバテ確定かと…。

c0223419_16501410.jpg


気が付いたらシュラウドにガムテープでの応援メッセージが…。
直前まで全く気付きませんでした。

ジャーマネかな~、って思って今日確認したらやっぱりジャーマネでした。
憂鬱だったタイミングで発見したので、元気出ましたよ!!

(訂正)
って書いてアップしたんすけど、訂正っす。
ジャーマネじゃなかったみたいッス。
確認したのにウソつかれたっぽいっす。

じゃー、テラ○サさんかな~??




そして上級ロングコースのERNEST RIDEに出た事を若干後悔しつつ車検へ…。


c0223419_16184781.jpg





車検後はパルクフェルメへバイクを保管…。

つーかこの「パルクフェルメ」って単語は、
オフロードをやる人なら誰もが一度は口にしたい言葉…(?)

よくエンデューロ雑誌に、

「パルクフェルメにバイクを運ぶ○○(有名ライダー)」

とか、

「パルクフェルメにプールされたエンデュランサーが並ぶ…」

とか書いてあるのを見て、ふーむ、って思ってたし、
実際エンデューロやラリーに出た人が、

「パルクフェルメにバイク置いた後にさぁ~」とか言っているのを聞いて、
「パルクフェルメ」カッケェ~!!って思ってた(爆)
ま、ただのバイク保管所って意味でしょうが…。

とはいえ、本格的なエンデューロレースに出ないと、
バイクをパルクフェルメ様(?)に預ける事は出来ないので、
それは一種のエンデューロライダーとしての第一歩なんじゃないかと…。

とりあえず、パルクフェルメにバイクを保管したあと、
付き添いで来てくれたイッチー君に、

「パルクフェルメにバイクを置いてきたゼ!」

って言ってみた。(ウゼッ!!)
この瞬間、ボクはエンデューロライダーだったな~。(チョーバカ)



んで、スタート間近…。

c0223419_1691033.jpg


全日本IBクラスからのスタートなんで、先頭三人は有名ライダー。
先頭向かって右はIAワタライさんです。

車検前は怯えていたワタクシめ和田ぽんですが、
スタート前には覚悟も決まり、逆にこの状況なら完走さえ出来れば満足だから
順位を気にする必要もなく逆に気が楽だと気合が入ってきました。
同時に緊張もMAXでしたけど…。




c0223419_1693923.jpg



8時30分、IBクラスのライダー達がスタート…!!






c0223419_1695258.jpg


そのおよそ10分後、Cクラスのボクもスタートです。

んで、一瞬舗装路に出たあと、細い丸太がいくつかある登りを走り森の中へ…。

この辺は「FAN RIDE」クラスと共通コースなので普通に通過…。

そして運命の分かれ道…。

「←←FAN RIDE」「ERNEST→→」

来たか……。

1分ごとに三人同時スタートなんで、
ほぼ3人固まってERNESTコースのダート入り口へ…。

この瞬間が一番ドキドキですね~。
最初の一周目で今後のテンションが決りますから…。

「絶望的なコースなのか…」「それとも意外とイケるのか…」
結果は後者だったんですが、この時は全く予想が付かないのでドキドキ…。

ダート区間をちょっと行くと、
ガレガレの急でぬかるんだ斜面を降り、いきなり沢へ…。

岩盤がウォータースライダーの様にえぐれた場所に
水が流れていて、そこに大小の落石が多数…。
その後はガレと滑る路面が続き、登ったり降りたり…。
ラインを誤るとKXでも腹下が乗り上げちゃう程…。

とりあえずここは順位には関係ないリエゾン(移動区間)なので、
とにかく転倒によるバイクの破損や体力の消耗がないように集中。

体力がある状態なら、普通に走れる程度…って感じでした。
ヘロヘロになったらヤバイかなって感じ…。

後で聞いたんですが、そこがSUGOで有名な「白タイヤ沢」ってトコだったらしく、
ここが一番難所でした。


そして、その後は林間のウッズ、ややウェットの登り下りを経て、
一旦舗装路に出たあと、勝負どころのSS(スペシャルステージ)へ…。

c0223419_16101274.jpg


オンタイム制エンデューロでは、
順位は各周回ごとのSSでのタイムの合計で順位を決めます。
(一周目のSSは下見なので加算されません。)

かつ、1周ごとの時間制限内に周回を重ねる事が条件です。
これをオーバーした場合、SSの積算タイムにペナルティとして加算されます。

今回の深山CROSSは入門用の簡易オンタイムの為、1周ごとの時間制限はありません。
全行程の6周(Cクラスの場合)を5時間以内に周回すればOKです。

c0223419_16113185.jpg



SSは最初、平坦な場所をコーステープで区切ったセクションから始まります。
その後、林間へ入っていきます。

林間では林の中のハイペースウッズや、結構な傾斜の登り下りなど…。
そしてボクにとってはこの林間の登りが難点だったんですが、
キツイ登りはSSで2箇所。

どちらも何本も登るラインがあるんですが、
1箇所目の登りではボクが登れるのは1本のラインのみ…。
これがイケなかった。

そのライン上に誰かが転倒していると、途中でラインを変えられないんです。
5回のSSのチャレンジ中、転倒者がいたのは2回。

その2回とも違うラインで行こうとして坂の頂上手前でフロントまくれて転倒…。
そこからのリカバリーに手間取り、1分ずつ以上は軽々ロスしましたね~!

リエゾンがうまくいってても、SSでコケちゃ全く意味ないよって事で、
ここがちょっと悔しかったです。
誰もいなければ確実に登れる坂だけに特にッス。

2箇所目の登りはやや難易度が低かったので、
誰か転倒者がいても3本くらい確実にイケるラインがあったので、
5周ともノーミス。
やっぱり複数本ラインは持ってないとダメっすね。

それをレース中に見つけるのが至難の業ってトコでした。





そんで、山から下りてきたら再び平坦なコースへ…。

c0223419_1612158.jpg





その後は深山クロス名物「香取線香」(?)

中心に向かってグルグル回った後、中心で180度ターンして、
今度は外に向かってグルグル…。


c0223419_16142098.jpg


ここでもトップライダーの走りは一味違いました。
グルグルするスピードが早送りみたい…。

てゆーか、ボクらがスロー再生みたい…。



んで、SSが終わると同時に一周が終わりました。
そこでかかった時間は訳20分。

オンタイムでの完走は余裕です。
やや拍子抜け…。

となると今度は俄然、順位を狙いたい欲が出てくるワケなんですが、
SSでは、前述の通りだったのでダメダメ。
次回への課題です。
1周目の下見をもっと大事にしないと…。


c0223419_16153668.jpg


とにもかくにも無事完走。
順位は途中から気にしなくなったので、
滅多に走れないSUGOのコースを思いっきり楽しみました。

今回の様にオンタイムの制限時間に余裕があれば、
耐久エンデューロの様に辛い思いをする事がなく、
アタックツーリング気分でリエゾンを楽しみ、
SSのみレースモードでアタック。

ただそのかわり、耐久レースレース以上にSSでのミスは取り戻し辛いので、
SSでは特に一発勝負の気合が必要だと実感しました。

ちょっと今回のボクはリエゾンとSSのメリハリなかったかな、と…。
リエゾンなのに意味なく張り切って抜いたりして、SSでちょっとバテたり…。

今回だけで言えば、「辛いけど楽しい耐久エンデューロ」、
「辛くもなく、楽しいオンタイム制エンデューロ」っていう印象ですが、
もっと本格的なオンタイム制に出たら話は別…。

1周ごとのオンタイムがしっかり決っていて、
それが結構余裕なかったりすると、リエゾンでの遅すぎず疲れないペース配分、
そしてSSでの一発入魂の走りをする切り替え、
ピットインでの給油などのタイミングなどなど。

おそらくかなり気を抜けない奥の深さがあるんではないかと…。


オンタイムから遅れ始めた時の焦燥感は想像するとゾッとします。



その点、深山クロスは思った以上に初心者向けで、
ピットクルーカップの90分を完走できる人ならERNEST RIDEクラスに充分出れますし、
FAN RIDEクラスなら初心者の方でも全然OKの
非常に敷居の低い初心者に暖かいレースでした。

オンタイム制に出てみたい人は、ホントに気軽にチャレンジしてみてください。


ただ、やはりSUGOまでは休みとお金が必要ですし、
ゼヒゼヒ来年も出たいんですが、
果たして来年も出られるか…。

ま、来年の事は来年考えるとして…(笑)

とにかく面白かったオンタイム制。
ま、耐久エンデューロには耐久エンデューロの良さがありますけどね…。

「ストイックな自分との戦い」…みたいな。



深山クロスの翌日は同じくSUGOでF.R.Pがありました。
その様子はまた後日…。

金曜仕事の後に、夜出発、車内泊で土曜レース、
また車内泊で日曜はレースより体力を消耗したイベント、
んで、お店まで帰ってきて、最寄の漫画喫茶泊で月曜は仕事…。

超ハードスケジュールで潰れるんじゃないかと心配でしたが、
(F.R.Pでは熱中症になったし…)
車内でもよく寝れたオカゲとイッチー君のサポートのオカゲで意外に元気。

今日は早起きして1時間以上早く出社し、KXの洗車や整備、
コインランドリーに行って洗濯などを済ませました。

c0223419_16562192.jpg



そして、明日からもRXV4.5で2泊のツーリングっつ~ハードスケジュールが続きます(笑)
[PR]
by pitcrew_offroad | 2010-08-16 15:45 | レース参戦等