バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

トラウマを消し去れ!ジョニエルG(*`ε´*)ノ

とゆーワケでJNCCも第4戦になりました、

爺ヶ岳「ジョニエル-G」!!

今回写真少な目ですがレースレポっす(*`ε´*)ノ



今回のピットクルーTT、ジョニG参戦メンバーは…

イッチー&icさん

の最もモチベが高いお二人…。



他にもレース仲間は、はまYAさん、KOMAさん、イッパさん、ヅカさん等々…。
デコフレな方々もぎょーさんいらっしゃりました。


んで、今回icさん&イッチーが前日入りを果たしているので…、
ワタクシめ和田ぽんはひとり深夜に合流し、いつものプチ晩餐会。

c0223419_11223083.jpg


いつも御世話になってるicさんの大型テントの中で、
icさん、イッチー、イッパさんが三人で飲んでました。

そこにボクも加わり4人で飲んでまして、
イッチーに下見の様子を聞く…。

イッチ「エスケープはエスケープでなかなかイヤですね…。
 アレなら絶対ガレクライムっすよ。
 ボクもガレクライムいきます。」


和田ぽん「ふむふむ、じゃあやはりどんな時でもガレクライムだな(*`▽´*)」

レース後イッチーが嘘つきなのがわかりました(爆)



んで、イッパさんがオネムで退散し、
我々もお開きにしますか、と片付け始めたところでKOMAさん登場。

ちょっとだけ宴会延長で1時前くらいに就寝です。




c0223419_112759.jpg


んで朝…。

だいぶ眠い…(- -)。。。






c0223419_1128858.jpg


んで、バタバタ準備をしまして余裕なくFUN-GP整列時刻…。
前日深夜入りならCOMPがベストっすね…。
FUNは朝早いので余裕が足りません。

今年FCで表彰台ゲットしたらCOMPにステップアップ予定っす。
後に映るKLX125はKOMAさん号。

ボアアップ、アルミスイングアームなどなど…スペシャルチューンっす。






c0223419_11301680.jpg


icさん&イッチーも準備完了…。
スタートに並びます。






c0223419_1131165.jpg


スタート整列完了…。
今回のFUN-GPの参加人数は300台。

さすがの規模っすね。






c0223419_1132087.jpg


せっかく開幕戦のサザンで若いゼッケンをゲットしたボクですが、
渋滞するスタートエリアでお行儀良く待っていたらFC三列目に…。

誘導されるままイン側についたのですが、
良く見るとスタート直後はかなり鋭角な左コーナー。
このイン側はマズイ気がしますが勉強&準備不足っすね(;´д` )

お隣はヅカさんです。
会話をすることでだいぶキンチョーもほぐれました♪♪





c0223419_11353447.jpg


ほんでFCスタート…(*`ε´*)ノ

ボクは毎回スタートがヘタっつかクソです。
毎回半分より相当後ろだったり、モロに最後尾だったり…。
今回もナニをやっちゃったってワケでもなく、
微妙に詰まり詰まりで気が付けば60台以上前にいるんじゃないかと…。

エントリーが119台ですから、三列目のクセに半分以下に沈んでます…Orz




c0223419_11375457.jpg


んでFDもスタート。

はまYAさんは相当いいスタートを切ったそう…。
イッチーもまずまずの出だしだったようで、
icさん&KOMAさんも焦らずボチボチのスタートだったのかな??





c0223419_1139619.jpg


FDにはビギナーも多いので、1周目は特に思わぬ渋滞が発生しやすいです。
FDで上位を狙うなら、1周目の渋滞発生より前に通過するのが肝心で、
スタートダッシュは特に重要っすね!!






c0223419_12182733.jpg


毎度スタートに失敗する和田ぽん。
長丁場のクロスカントリーはそれほどスタートは重要じゃない、
と、謳っていましたが、上位を狙うなら結構重要っすね。




んで、今回もヘルメットカメラ、「CONTOUR」を装着してました。
スタートで飲まれたのがよくわかりまっす。

目標の6位以内を達成するには一体何十人抜けばいいのか…(;´д` )



またまた無駄に長いのでかいつまんで解説しますと…。





c0223419_20565960.jpg


5:25 やっとこスタート、ズルズル後方に下がっていきます。
んで、大斜面を頑張って登っていきまして…

今回の大斜面は去年のジョニエル-G、こないだのWEXと違って、
大斜面直登じゃなくて、斜面をS字にカーブしながら曲がるレイアウト。

直登の場合は完全にパワー勝負になってしまいますが、
このS字カーブのオカゲで、4st勢も一度減速をするので、
「さっき抜いたライダーに余裕でブチ抜かれる」っていう事態はなく、
ボクは好きなレイアウトでしたね。


ガレクライム前にだいぶ抜けたんでないかと…。




んで、


c0223419_20575429.jpg


8:00 ガレクライム突入…

渋滞ですが「全周ガレ死」のマニフェストの元、構わず突進…の前に!

大斜面でカメラに泥がついただろうと、
せっかくのガレクライムを前に払っておこうとレンズを払った瞬間、
一番肝心なガレクライムの助走区間でまさかのバランスを崩し左端へ…。

アホです、かなりアホ…。

前回の鈴蘭でもCONTOURポカやらかしましたが、
本気で狙うならヘルカメはないほうがいいっすね…(^^ゞ

んで渋滞の一員と化しまして4分近くかかってやっと脱出。
この頃にはエスケープを無難にクリアしたFDライダーに混じるハメになってます。

ソレを越えた後、


c0223419_20582452.jpg


12:20頃からG-WOODになるワケですが、
ガレクライムのせいで腕にキテます(笑)

調子が上がってきた3~4周目くらいまでは、
ガレクライム→G-WOOD→R.Rリバーと腕がプルプルだったのを覚えてます。

13:00頃に前走車のパスに失敗してワダチにフロント落とし、
その人がどかないと動けない、っつー一番やっちゃいけない状況に…。

15:00頃には踏ん張りきかない感じでボテコケしてます。



んでG-WOODを抜けて…、

c0223419_20584351.jpg


16:10頃からロックンロールリバーで…、
一周目のR.Rリバーは一番ヘロヘロしてましたんで、テキトーに飛ばしてください。

R.Rリバーを抜けるとちょっと下った後、
折り返して大斜面二発目が始まります。

今回の課題のひとつ「登板全開」も、今回は出来た。
長い直登が少なかったこともあり、エンジンがキツイって事も少なく、
ほぼ(自分の限界範囲内での)全開登板が出来たと思うので、その点は満足♪



19:45から2周目に突入。
この時点で41位だったと思います。



c0223419_2059921.jpg


20:20に蛇行するライダーと接触しそうになってます(笑)

んで大斜面を頑張る20:50、泥を喰らってヘルカメ終了…。
前周でヘルカメの泥を払って失敗したのと、
途中から調子が上がってきてヘルカメを失念したせいもあり
この後二度と取りませんでした。



c0223419_20592640.jpg


残り80分、時折2st全開音が響き渡るだけの、ひたすら暗闇の映像でした(笑)

ガレクライムも2回ほどプチスタックしましたが、
他はクリーンだったり、蛇行しながらも登板だったり、
ある程度うまく行ってたつもりだし、
G-WOODの中でのプッシングもうまくいった周回があったんで見たかった。

意外と後で見てみると、うまくいってるつもりが反省点多かったり、
見せる為だけじゃなく、自分のためにもなったりするんすよね。
走行映像って…。





動画解説は以上でレポ続き…。

c0223419_12191812.jpg


icさんはセロリンで相変わらず淡々と周回するicさん。

レース中は大斜面と、ガレクライムで2回見かけました。

大斜面ではセローが辛そうでした(笑)
でもガレクライムはトコトコ登ってましたね~♪♪

「毎周ガレクライム」の公言どおり、
ボクと同様全周ガレ逝ったicさんです。



c0223419_12395947.jpg


本人は気にしてるみたいなので言えないけど、
KDX220SRの方が輝いている気がするイッチー。

アレだけ前日の作戦会議で「ガレクライムルート」押しをしていた張本人は、
なんとガレクライムにいったのは2周のみ…(爆)

野郎…ダマしやがったなぁ…凸(`Д´メ)

「ナイ」って言ってたエスケープが意外に速かったようで、
そのチョイスの組み合わせが今回うまくいったのが勝因じゃないっすかね!

なんとFDクラス6位入賞!!


c0223419_1244574.jpg


やったじゃないか…!!
今まで乗れそうで乗れなかった表彰台についに乗ったね!!

次回はFC??

イッチーは終盤G-WOODでやっとこラップ出来ました。
先行車の後について詰まってたけど、
ウッズはもっとアグレッシブにラインを変えるべきだよ。

あそこは一部を除き無数にラインやショートがあるから、
G-WOOD内のパッシングは今回相当重要だったと思います。

今回のFUN-GPのエントラントをみると、喜ばしいことに
ピットクルーカップばりにビギナーが多かったようなので、
予期せぬトコロで止まって休み始めるライダーなども多かったので、
抜きどころに行くまでは敢えて前走ライダーとは間隔を開けて走行すべき。

間隔詰めると、突然停止したライダーを避けきれない場合があります。

それに誰かのすぐ後ろに付くと、どうしても前のライダーに意識がいくし、
視界も狭まるので、ラインを変更しづらいってのもあり…。

あとはそのライダーの動きを見て、止まってしまいそうな人か、
後ろについても安全そうな人かを見極めるのも重要。






ガレとエスケープを巧みに使い分けたのは
「はまYAさん」も同様だったようで、ボクがガレクライム前で先行した時も、
1周目以外大幅なハマリはしなかったにもかかわらず
エスケープルートを行ったはまYAさんに、
その後のG-WOODまで先行されました。

オールクリーンで登らないとガレクライムはロスだったっぽいっすね。


進入前から助走をつけられればほぼ確実に失速せず登板出来るんすけど、
だいたいその入り口で上を見上げて躊躇しているライダーが多いので、
左右のガレた場所からのアプローチがキモでした。

実際そんなライダーにアドバイスしたいのは、
あのガレクライムの入り口で躊躇するのはわかるんすけど、
アソコで止まると他のライダーの進入が難しくなり、
後続車によって、より行きたいラインが塞がるばかりか、
止まってる本人もそこからのスタートは難易度増すんで、
もう一歩手前の丘で状況判断して一気に出てった方がいいと思います…。

手前から助走をつけないと余計難しいっす。




c0223419_12531540.jpg


今回写真は少なめで…、





c0223419_12534575.jpg


こんなモンです。





ボクはというと、1周目を40位チョイチョイで戻ってきたあと、
地味~に地味~に順位を上げていき、

31→27→20→18→15→12→と推移していき(だいたいですが)、
最終的には9位(/119台中)でフィニッシュ…。

総合では35位(/300台中)でした。


10位以内の「入賞」は果たしましたが、
6位以内である「表彰」には一歩届かず…。


未だ今年の目標は達成せず…。
残すは「スプラッシュ月山」「ハイポイント菅生」「ジョニエルAAGP」…。

ぶっちゃけWEX、今回のジョニエルGと、
爺ヶ岳はややお腹いっぱいなので、ハイポイントまでには
なんとか6位以内をゲットしてAAGPにはCOMP逝きたいところです…。


やはり毎度の如くスタートが課題ですね。
せめて1周目は20番以下で帰ってきたいところです。

ベストラップだけならFC2位です(´Д`)


c0223419_12571842.jpg


そんでみんな無事フィニッシュ!!

ぜひともジョニエル-Gでは順位に拘らず
ガレクライムアタックをして欲しいっすね♪♪

ボクもCOMPに出たらガレ死でもしようかと思います(爆)




んで、表彰式で…

c0223419_1372147.jpg


イッチーFDクラス6位で表彰!!





c0223419_138370.jpg


はまYAさんもFDクラスで2位表彰!!

はまYAさんは最終周でフロントブレーキ破損と、
リアのパンクを喰らったそうですが、なんとか粘って2位を死守!


いや~お二人ともおめでとうっす(*`ε´*)ノ







みんなでレースの完走や出来事を報告し合いつつ片づけをしていると…

c0223419_13103595.jpg


KXのクラッチカバーに穴が…Σ( ̄Д ̄;)

ゲッ!!
いつだろう…ガレクライムかG-WOOD内でコケた時か…。





c0223419_13113785.jpg


と思ったらケースカバーにはもっとデカい風穴が…!!
コレは前方だから飛び石かなぁ…。

ミッションオイル出きってますね、間違いなく。


いつからこの状況なのかわかんないけど、
よくもったなぁ~、最後まで…。

帰ったら即座に点検っすね。





んで、その後はCOMPに出るツ~ジ師匠を応援。

c0223419_15554844.jpg


ガンバッチ下さい(*`ε´*)ノ



1時間半経過した段階でツ~ジ師匠が給油に来るので…。
そのサポートをしなければ…ってことで…。

c0223419_15565543.jpg


片づけを済ませて、ボクとイッチーでピットエリアに待機。
icさんはテント等を片付けてくれてます。





c0223419_1558821.jpg


c0223419_1558204.jpg


その間COMPクラスのトップ、AAライダーの走りを見学…。

何度見てもマジパネェ…w(°o°)w





c0223419_1602134.jpg


そしてツ~ジさんが来た!!

給油を施しているとツ~ジさんがスロットルの不調を訴える…。



見るとグリップがズレてハンドガードに干渉しているので、
キャブのリターンスプリングでは戻らなくなってしまってます。
その場では応急で力技で戻しましたが、
スロットルスリーブのストッパー削ってもっと奥までグリップを入れるか、
ブリップ先端を短くした方が良さそうです、師匠!!

どーやらガレクライムはやはりスタック車&転倒車を避けつつ
登坂するのがだいぶ技術がいるみたい…。

順位を気にして迂回するより、
ガレアタックの楽しさを優先するっつ~男気を見せつつ…





c0223419_1645293.jpg


もう半分、逝ってらっしゃい(*`ε´*)ノ





c0223419_1653095.jpg


ツ~ジさんをお見送りした後はみんなでランチタイム。





c0223419_166130.jpg


前回の鈴蘭では「飛騨牛カレー」を食べ損ねたコトもあり、

「Gカレー」をチョイス。





c0223419_166585.jpg


っつかみんなGカレーでした(笑)

ボク、KOMAさん、icさん、イッチーで昼食。





食堂の窓からはAAパドックが丸見え…。

c0223419_1674328.jpg


んでカレー食ってるとKOMAさんがゲレンデの方を見て一言…。

「アレ…ツ~ジさんじゃない??」



ゲレンデの下りコース脇をテクテク歩いて下ってくる、
フルフェイスヘルメットを被った男性が一人…。

c0223419_16103513.jpg


師匠!!
アンタ、ナニやってんすか??Σ(゜ロ゜)




どーやらクラッチホルダーのボルトが脱落して、
クラッチが握れなくなってしまい、ロックンロールリバーを下った先で、
断念して下山してきた様子…。

「ボルト持ってない??」

M8、M6数種類ずつ持ってますとも(*`ε´*)ノ

ってコトで、食べかけのカレーを食いながらパドックまでダッシュ。
当日、カレーを食いながらパドックを走り抜ける30代男性を
見かけた人がいたら、それは和田ぽんです(爆)

んで、ネジ袋と適当な工具を持ってまたまたパドックを駆け戻る…。


すると1秒でも早くツ~ジ師匠を復帰させようと走るボクに声をかけるヤツが…。

「和田さ~ん!和田さ~ん!!」


イッチーだ!!Σ( ̄Д ̄;)

イッチーがパドック方面までわざわざ戻ってきて呼び止めるというコトは、
ツ~ジさんに新たな問題が発生したのかと思いイッチーの方に寄ってくと…、








イッチ「あ、オレ先に帰りますね(´ー`)」






和田ぽん「ハァハァ…(;´д` )ハァハァ…」





……




……




この局面で…??



こっちゃあ1秒単位を縮めようと焦ってんだ!!(ノ`△´)ノ
っていうのも時間の無駄なので、

「う、うん。気をつけて…
 オツカレちゃん…(´Д`;)」



と、彼に告げて再び走り始めた。

心の中では「せめて呼び止めんなや!!」と叫びつつ…。






ビバゆとり…Orz







c0223419_1623553.jpg


んで、ロックンロールリバー下流に停めてあるツ~ジさん号の元へ…。

クラッチホルダーを留めるボルトをチョイスして取り付け…。






c0223419_1624991.jpg


もうだいぶロスったので順位は望めませんが、いってらっしゃい!!
一周でも多く楽しめるよう祈ってマス(*`ε´*)ノ





もうガレクライムまで登っていく気力も時間もないので、
R.Rリバー下流のこの辺で観戦。

去年のジョニGもこの辺で見てたな…。

c0223419_16261590.jpg


COMPではロックンロールリバー下った後に、
ちょっとだけウッズセクションが追加されます。






c0223419_16273777.jpg


復帰したツージさんが戻ってきた。

ガンバテ~!!






c0223419_16281482.jpg


今回のジョニエル-Gはまたしても#1カントクが優勝!!
マナブ選手は怪我でリタイヤみたいです。





そんなこんなを見届けて、
今回のJNCCも終了で…、

c0223419_16294774.jpg


icさんと、爺ヶ岳の近くの温泉施設「薬師の湯」へ…。






c0223419_16302934.jpg


そしてその後の中央道渋滞へ…。


すり抜けバイクと車線変更カーの事故で、
いつも以上の渋滞です。




せっかちなボクは渋滞が大嫌い…。
次からもしかしたら24時間健康ランドで、ビール飲んでグッスリ寝て、
深夜っつか明け方に帰宅するかもしれないっす(;´д` )


月曜、長野から出勤…みたいな。




ってな感じで、鈴蘭も楽しかった~!!って思ったけど、
ガレクライムという明確な難所と、G-WOODっていうパッシングポイントがあり、
R.Rリバーも疲れた体にムチ打つ感じが達成感に変わり…、

今回のJNCCはマジ面白かった!!

目標達成は出来なかったけど、
去年のリベンジは充分に果たしたし…。



次回は8月のスプラッシュ月山ですが、
とりあえずは来月の「WEXガイア」っすね♪♪

みなさん、またまた頑張りましょう!!




あぁ…、ケースカバー直さないと…(;´д` )
[PR]
by pitcrew_offroad | 2012-06-12 10:03 | レース参戦等