バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

GEKKOTA受注始まってます(*`ε´*)ノ

去年のレースでも度々驚異的な登坂力をみせたGEKKOTA…。

数メーカーが「難所系」なタイヤをリリースしていますが、

中でもGEKKOTAはダントツ難所系に特化しているタイヤだと思います。

そんなGEKKOTAの受注がもうすぐ…!!



c0223419_1405183.jpg


IRCのHPはコチラ…!!

サイズは110/100-18のワンサイズでリアのみ。

ワタクシ和田ぽんはフロントVE33で使用してました。

初期型ロットと違い、去年の10月入荷の分から専用の金型になったようで、

サイドウォールには「ix-09」ではなく、ちゃんと「GEKKOTA」と入ります。



よく知らない人のためにサラッとオサライしておくと、

c0223419_1474242.jpg


以前から難所が多いエンデューロレースでも使われていた、

IRC「TR-011 TOURIST」ってタイヤがありまして、

公道走行オッケーなトライアルタイヤで、通常のトライアルタイヤより

サイドウォールなどの剛性が高く、エンデューロにも結構使われていました。

ワタクシめ和田ぽんも度々レースで御世話になったタイヤです。


トライアルタイヤはコンパウンドがヒジョーに柔らかく、

「潰れる」ことでガレや岩などにグリップしてくれます。

加えて潰れて接地面積が増えるので、ヒルクライムなどの登坂も得意でした。


難点は柔らかい事により、ハイスピードのコーナリングでよれるってコトと、

万が一パンクした時に、そのサイドウォールの柔らかさから

マジにペチャンコになってパドックまでも戻れない可能性がある…ってコト、

泥濘地ではブロック間隔が狭いので、泥詰まりして「ダンゴ」になる…ってコトっすね。



そして…、、、


c0223419_14165947.jpg


IRCのモトクロスタイヤに全コンディション対応の、

インターミディエイトタイヤの「iX-09w」ってのがありまして、

こちらも結構和田ぽんイチオシタイヤで、

19インチだったイッチーCR125Rや、

VEの設定がない85クラスなどをエンデューロに使う場合に好んで使用してました。



そんなiX-09Wのブロックパターンを、

前述のTR-011 TOURISTの柔らかコンパウンドで作ったのが、

この「GEKKOTA」なワケです。



モトクロスタイヤと同等のブロックパターンになったことにより、

ツーリストであったような泥詰まりの心配はないっす。

ブロック間隔が広くなったせいで潰れやすくなり、

タイヤを潰してグリップ稼ぐ場面ではより効果的っぽいっす。



ただ、潰れやすい分、リム打ちパンクなどのリスクは上がってるかも。

和田ぽんはコレにウルトラヘビーチューブをつかって使用してました。

柔らかめのムースで使ってもいいかもっすね。


空気圧が高い状態でハイスピードで走ると、

タイヤ自体が潰れない分、柔らかいブロックだけに不可がかかり

ブロック飛びなどを起こすので、使うときは0.4~0.6kgfくらいの低圧がオススメです。


ボクはパンクリスクを少しでも抑えるために0.6kgfで使用してました。




c0223419_14213634.jpg


和田ぽんは去年、8耐「PowerEnduro」でGEKKOTAを使用しました。

やはりガレの登坂は異常なほど登ります。

あとは川の中の滑りやすい大きい石もほとんど気にならない安定感でした。

丸太をナナメに超えて「あ、ヤベ、滑るかも」って思ったときも

丸太の上でスリップせず越えられた時はGEKKOTAに感謝しましたね(*`▽´*)





c0223419_15445268.jpg


AAGP爺ヶ岳でも使用しましたが、

やはりガレ場でも安定感っつか、滑らなさは秀逸でした。

ま、この時はサスがダメだったってのもあり、結果走破出来なかったっすけど(笑)



c0223419_15523172.jpg


AAGPではイケさんもボクもGEKKOTAでした。


さらには路面を掻かないからか、意外と減らないってのもポイント。



PowerEnduroで8時間、AAGPで3時間、練習2回くらいと

使用しているGEKKOTAですが、まだ使えるんじゃねーかってくらいな状態っす。



「難所に特化している」ってコトで、通常のエンデューロに使用するには

ネガな部分があったり、リスクがあったりするタイヤですが、

レースの内容によってはどんなパーツより心強い味方になるパーツっす。

通常ラインナップではなく、今のところ受注生産商品なので

今年ピットクルーカップやPowerEnduro、CGCやGEKKO-ONEなどに

エントリーを考えているライダーは一個買っといて損はないハズ…。


価格は去年¥12,400-で販売してましたんで、だいたいそんくらい。

これより高くなることはナイっす。



保管上の注意ですが室内保管が望ましいっす。

カバーかけてても外保管だと使う前に劣化してしまう可能性があるので注意。

ボクは工場内に保管しているので、1年近く経ってても問題ないんすけど、

外で保管してる人は劣化して固くなった、なんてハナシも聞くので注意っすね。




そんなワケで、若干の在庫もする予定ですが、

去年も注文した分は速攻完売してしまったので、

極力御予約をオススメします。



よろしくッス~(*`ε´*)ノ
[PR]
by pitcrew_offroad | 2014-01-10 16:06 | レース参戦等