バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

1型DT200WR、後期型計画(*`ε´*)ノ

とゆーワケで普段のお仕事その2ですが、、、。

エンジンやらクラッチやらをメンテして、、、

さらには後期型のパーツを流用して性能アップを図るっつーご依頼で…。



c0223419_1842161.jpg


そんな諸整備を終えたMガワさんのDT200WR。

すでに随所にカスタムが施されてましてタンクもポリタン♪



昔「RC SUGO」からDT200WR用のパーツが色々出てましたよねぇ~。

それこそフルチューンと呼べるくらいの内容でしたが、

2st-WRのポリタンボルトオンキット的なモノも出てたと思いますが、

コレもソレかなぁ~??


いまやかなり貴重なのでは…と(^ ^;





c0223419_189408.jpg


ままま、ポリタンは置いといて、まずはフロントフォークを後期化。

ヤフオクゲッツの赤いフロントフォークをバラしまして、

ダンパーとフォークトップキャップを摘出…。





c0223419_18151769.jpg


コレらを流用すると伸び側、圧側ともに調整出来る様になるんです。





c0223419_1817491.jpg


ついでにステムもグリスアップ。

グリスは結構飛んじゃってて寂しい感じでしたが錆はなく、

ガタも出ていないのでキレイにしてグリスアップ。



c0223419_1818670.jpg


上側もベッチョリと…。

耐水性抜群かつ極圧性ホント優れた高性能ベアリンググリースを使用…。





c0223419_18191947.jpg


リアの足回りもファインチューン。

Mガワさん号のリアサスはすでにオーリンズが奢ってあります(´ー`)

このリアサスをオーバーホールしまして、

スイングアームも後期型を流用移植。




c0223419_18204959.jpg


こちらが1型スイングアーム。

チェーンアジャスターがスネイルカムからアジャスターボルトになり、

無段階調節が可能になるワケっす♪♪




c0223419_1822106.jpg


続きまして後期型ラジエター。

右ラジエターは共通ですが、左ラジエターは2段くらいコアが増えてます。

下にチラっと移ってるのが1型。



ただコレがラジエター本体のみでは流用出来なくてですね、、、。




c0223419_1824478.jpg


幅広になった分マウント位置が違うので、

ラジエターステーも後期型用が必要です。




c0223419_18253245.jpg


ウォーターポンプから左ラジエーターに行くパイプ&ホースが太いので、

これまた後期型のホースに交換。

他のホースはそのままでダイジョブっす。



c0223419_18272962.jpg


c0223419_18274383.jpg


そんなホースとソコにつながるパイプも当然径が違いますし、

ウォーターポンプカバーの出口からすでに巨大化してるので、

このカバーも要交換っす。




c0223419_19355986.jpg


そんな感じで完成…(*`ε´*)ノ

流用パーツで初期型DTが高性能に…!(少しw)


流用依頼は案外よく受けますが、

コツ、、、とゆーかアドバイスとしてはネット情報を鵜呑みにせず、

パーツリストとにらめっこっすね。


そのパーツのみならず、周辺パーツの品番や寸法などから、

「ここが同じならこのパーツは流用可能だ(*`ε´*)ノ」とか、

昔の部品だと部品番号が変わってたりするので、

品番変更後の品番も調べることで流用可能かどうかわかるとか…、、、

あとは「失敗を恐れないコト」すかね(笑)



ダメだったら笑って済ますくらいで部品買わないと、

中々やる前から確約取れないコトもあるんで、

流用系は度胸が必要!(*`ε´*)ノ…と。




そんな流用ネタでした。
[PR]
by pitcrew_offroad | 2014-07-09 23:15 | カスタム&装備品