バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

WEX爺でまたマーシャルしたった。

もう1週間以上前になっちゃいますが、

7/20に爺ヶ岳スキー場で行われたWEX-イースト第3戦、

長野県大会にマーシャルで赴きました、、、。



c0223419_13254774.jpg


マーシャルの朝は早いので、、、

6時起きで着替えて準備して…、、、



c0223419_13355929.jpg


JNCC鈴蘭の時は、定刻に行っても誰もおらず待ちぼうけしましたが、

WEX爺の時はすでに動き始めていていそいそ準備に加わります。



鈴蘭の時もそうでしたが、

自然の山を使ったクロスカントリーは、

レース中盤ともなるとラインもハッキリしてきますが、

レース開始直後などは草もぼうぼう、、、当然ラインも皆無。


ヒジョーに走りにくいのです(^ ^;



諸々準備とコース確認の試走を終えたマーシャル一団に下った指令は…、、、

「草が多くて走りづらいから、草が多いラインを敢えて通って慣らしてきて!!」


…でした。


ま、要は草刈りっすね(*`ε´*)ノ

ってコトで、レース開始15分前までに担当の持ち場に待機するよう言われてるので、

それまで3周ほど走行…、、、、

その後は担当のロックンロールリバー入り口に陣取ります。



c0223419_1331482.jpg


和田ぽんがそんな事をしていた最中、

90minや120minに出るみんなが起床して準備開始。

前日宴会はこのMガワさんテントで快適に盛り上がれました。

Nジマさんの手料理のメチャ本格的な角煮&煮たまごなんかも出てきて、

オツマミ買ってこなくてもよかったんじゃないか風…、、、。




c0223419_13364730.jpg


40&120minにWエントリーなNジマさん、マシンは’14WR450Fっす。

登坂路面はまさに本領発揮で、ゲレンデ斜面はもちろん、

ウッズ内のチョイクライムなどもギャップで失速、、、などとは無縁で、

グイグイ登っていきましたね、、、。

爺ヶ岳ではベストマシンじゃないでしょか!?(*`▽´*)





c0223419_13384317.jpg


会場で見かけた変なマシン、、、。

GSX-Rだとかってウワサ…、、、750?1100??




c0223419_13392427.jpg


ハカイダー…らしい。

ジェネレーションギャップで知らないっす。

ショッカーの怪人かと思った、、、。



ピットクルーカップに出てくれれば、仮装賞1万円を取れそうなクオリティ。




c0223419_1340478.jpg


そしてまもなく40minがスタート。

この頃ワタクシめ和田ぽんは、

鬱蒼としたロックンロールリバー(以下RRR)の中で、

アブっぽい虫にビクビクしながら待機してました( ´△`)




c0223419_13421195.jpg


そして星野代表のこのフラッグ!!




c0223419_1343546.jpg


ほら、間違いなくコレでしょ!?(笑)

分からん人はココ参照!




c0223419_1345124.jpg


そしてNジマさんの初爺ヶ岳がスタートしました!




ワタクシめ和田ぽんは、

まずはビギナーには難しいRRR入り口の下り路面に待機でして、、、

下りで転倒したライダーに、他ライダーが突っ込まないように待機。

みんなが一通りなれたあたりでRRR近辺を周回して、、、って

言われたんですが、まあ40minのRRRは短いので、

別段周回しなくとも全域を見渡せるなぁ、、、と。



ほぼこの入り口近辺で黄旗持って、フラッグオフィシャルと化してました。


c0223419_13475766.jpg


路面はややお湿りな感じで、、、

あまり雨の影響を受けない爺ヶ岳ですが、

40minエントラントにはやや難易度高めだったようで、

最初の1周を終わるまで結構かかった人も多かったみたい、、、。

ボクがいたRRRはコースの終盤なんですが、

もうすぐレース終わるよ~!くらいで初めて見かける人もチラホラ…、、、

とくにレディースクラスとモペットクラスかなぁ。。。

頑張れ~(*`ε´*)ノ




c0223419_1350659.jpg


そんな頃、ピットクルーTTの面々は、

120minの為の下見をしていたようで、、、


って、M男さんガレクライムに向かってますけど、

COMPガレはWEXで使わないっすよ(笑)





んーで、40minが終了しまして、、、

c0223419_13553684.jpg


コーステープを切り替えた後、今度の指定場所はココ。

下りのストレート後の180ターンのポイント。

コーステープが見えずにブッチ切られちゃうと、

大量ミスコースの恐れがあるので、

おおよそのエントラントが一巡し、ラインができてわかりやすくなるまで

このポイントで誘導します。





c0223419_13585643.jpg


90minはピットクルーTT宴会部長Mガワさんがエントリー。

あ、ちなみに今回の写真はすべて宴会番長icさんです(*`▽´*)サンクス


Mガワさんはレース終盤にみんなに手を振られて、

それに答えようと片手を離し転倒、、、。

大した転倒ではなかったようですが、

運悪くかなり尖った鋭利な岩に腕を切られてしまい、

車体が血まみれになるほどスプラッタしたようでリタイア…( ´△`)

おかげで昨日の林道ツーリングもDNSになっちまいました。

ま、骨などはヘーキなようですんで、

お早い復活を期待しております。


Mガワさんがいないと途端にピットクルーパドックが貧相になりますからww




c0223419_1402056.jpg


こちらいつもピットクルーカップのキャメラマンとしてもお世話になっているTamaさん。

KDX220R使いっす(*`ε´*)ノ

自身が出た90min以外はキャメラマンとしてボランティアされてたようで、

おそらくJNCCサイトにも上がると思われます。



c0223419_14111858.jpg


90minはアイトもいた。

開けっぷりが取り得のアイトなら、全開ゲレンデ登坂は

かなり好成績残すんじゃねーかって思ったけど、

GウッズやRRRにやられた様子でいつもの力を発揮出来なかった様子、、、。

やはり課題は難セクション…かね!?

デコボコフルウッズで練習だ!(*`ε´*)ノ




c0223419_1443655.jpg


んで、ボチボチみんなコースを覚えたようなので、

その場を離れて第二の指令。

「RRRを巡回せよ!(*`ε´*)ノ」

RRR入り口から入り、出口まで下ってUターン。

40minで使っていた移動路で上まで戻りまして、再びRRR…の繰り返し。

転倒者も多いですし、岩がデカく尖がってるので、

転倒するとマシンもライダーもダメージデカイので、

怪我したりしてる人がいないかパトロール。



c0223419_146385.jpg


下っては登り…下っては登り…、、、



c0223419_14104348.jpg


ぐーるぐる、ぐーるぐる…




c0223419_1474590.jpg


キッツイんですけど!( ´△`)


ただでさえ腕が上がりそうなRRRを間髪入れずにひたすら往復…って、、、。

90minで延長されたとはいえ、それでも短い区間だから飽きるし、、、(笑)




c0223419_1494518.jpg


んで、そんな巡回パトロールやら切れたコーステープの修復などしてました。




そんで90min終了後、120minに向けてのコース変更を行い、

ダッシュでGカレーを食いまして、、、、



あーー、、、、どーせレースに出れないなら、

Gカレーにビール片手に観戦などもよかったなぁ、、、などと思ったり(^ ^;

ま、少しだけど爺ヶ岳走れるし、お駄賃頂けるんで、

KX復活にはやはりマーシャルで正解だったかなぁ。。。などと。




c0223419_14163880.jpg


言ってる間に120min整列開始。

M男さんとコバキチさんが120minAクラス。

和田ぽん不在の今、ピットクルーTTの名を表彰台にリザルト上位に刻むのは、

アナタがたの双肩×2にかかってますよ、ってば。





c0223419_14185452.jpg


んで、まもなくスタートですが、icパイセン!!

今回のレースクイーン、せっかくカワイイのに前からショットが一枚もナイっす(○`ε´○)





c0223419_14203123.jpg


そして星野さんがフラッグを、、、



c0223419_14194372.jpg


スタートォウ!!





c0223419_14205549.jpg


間違えた、コッチだった(笑)

スタートォウ!!
(最後の方のクラスのスタートシーンだけど、、、w)




c0223419_14212743.jpg


M男さん、コバキチさん共に、

運悪く前を塞がれて出れず、、、

さらにいきなり突っ込んだガレクライムでもしくじり1周目を大幅に遅れた様子。



c0223419_14224799.jpg


コマさんはうまい事飛び出したかなぁ~!!




ワタクシめ和田ぽんは、120minでは「迷いの森」入り口のプチクライムにスタンバり、

登坂に失敗してラインを潰したエントラントを蹴落とす係。

その後は状況を見て、ダイジョブそうであれば周回して…ってコトで。



結論からいうと、120minはレース開始前の試走以外走行せず。

スタックスイーパー&フラッグオフィシャルと化してました。



この迷いの森入り口が、1人ライダーが失敗するとラインが厳しくなりまして、

結構渋滞が起きがち、、、、ってのと、

ちょっと離れたトコロに最初のウッズ「G-WOODS」の出口があるんですが、

ここもしばらくしたらワダチが掘れて渋滞ポイントに、、、



だもんで、この2ポイントの様子を見ながら行ったりきたりで、

周回してるヒマねーなー、、、ってのと、

c0223419_14283054.jpg


c0223419_14284592.jpg


渡辺学選手や三橋淳選手、小池田選手などがスペシャルマーシャルとして来てまして、

まあ今さらボクが走る必要もないなぁ…って数が巡回してますから、

ここはこの2ポイントを見張る事に終始しようと…、、、。






エントラントの誰かが撮った動画。

この後半12分ちょいすぎあたりに迷いの森入り口で撮影したライダーが転倒しまして、

そこに和田ぽん登場でした(笑)





んで、ここは転倒するとラインを塞いじゃうので積極的に助けてましたが、

もう一つのG-WOODS出口はある1箇所以外はべつに他社の邪魔にならない感じで、

避けて通れるラインがいくつもあったので、その辺はあまり助けませんでした。

コースを塞いでしまうホントの出口のみヘルプで、、、。



んが、いろんなトコロでスタックする人の、ヘルプを求める声が多いこと多いこと。

1人で戦うクロスカントリーで、脱出不可能なワケでもないのに、

自らヘルプを求めるのって違わないすか!?

ま、コレはいい加減助けてあげないと、、、とかって状況はありますが、

ちょっとドコかにリアが引っかかっただけとかで、

「すみませーーーん、手伝ってください!!」

とかって人がホント多い。

特定の誰ってハナシじゃなくて、多すぎてビックリしたってハナシですけど、

マーシャルはスタックスイーパーじゃないですからね。

助けを自ら求めると、優しい和田ぽんじゃない限り「はぁ?」ってなると思いますよww

スタックスイーパーも基本は渋滞緩和の為の制度ですから、

自ら「助けて~!!」はオカシイっす。


「もがいていたら助けてくれた」ってのが本来で、

助けてくれるかどーかは周りの判断に委ねましょう(*`ε´*)ノ



ちなみにボクが観戦してる時に「助けるか、助けないか」のポイントは

「必死か、否か」ですね。

うっかりハマっちゃって一刻も早く脱出しようとしてる人は助けますが、

半ば諦めムードですぐ動かない人は障害にならない限りほっときます。



「オレを助けてくれぇ~(*`ε´*)ノ」的な、

言葉に出さない必死アピールは重要かも(笑)




ま、レースに出る以上、基本は自分で頑張りましょう!って思った。




c0223419_14475976.jpg


c0223419_14481416.jpg


c0223419_14482993.jpg


c0223419_14503475.jpg


そして奮闘するピットクルー勢、、、。

まあなによりこの爺ヶ岳の特徴は「コースが面白い!」っすね。

走ったコトない人はぜひ一度走ってみるべきっす(*`ε´*)ノ





c0223419_14505796.jpg


そしてイッパさんのジャージは、相変わらずマーシャルのオレンジゼッケンに見える(笑)





c0223419_14531039.jpg


そんな爺ヶ岳でした…!!



そーいえば、ワタクシめ和田ぽんは鎖骨の為、

レースは自重していましたが、

当然ピットクルーTTの面々は積極的に各レースに出没してます。

今度ざっとその辺の軌跡をまとめてみようかな、、、。
[PR]
by pitcrew_offroad | 2014-07-29 19:38 | レース参戦等