バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

シェル公!!(*`ε´*)ノ

先日、「最も美しいオフ車」に和田認定されたのが、

SHERCOのSEF-R250Rなんですが!!





c0223419_18431470.jpg


来ました!デカイ箱!!(*`ε´*)ノ

外車はどのメーカーも概ねこんな感じの箱に入って運ばれてきます。

そう、最軽量(?)4stセル付エンデュランサーと名高い、

「SHERCO SEF-R250」の「SIXDAYS」モデルっすね!!



納期が当初の予定より1ヶ月ほど遅れたのはまあ、外国産車のご愛嬌。

オーナー様が首を長~くして待ってらっさるので早速開梱。





c0223419_18454844.jpg


こんな感じ。

付属部品がダンボールで別梱包になってましてシート上に固定されてました。

この車両はハンドルが外されている程度ですが、

モノによってはホイールも外れてたり、梱包具合はメーカー、車種により様々っす。






c0223419_1902443.jpg


バサッとやってお目見え。

うぉぉ、、、(# ゚Д゚)

SIXDAYS専用グラフィックだぜぇ~!!(*`ε´*)ノ





c0223419_1912461.jpg


とゆーワケでクランプ外してハンドルを装着するワケですが、、、、

スレッドコンパウンド激塗りですね!

最近の外国産車には珍しいくらいのケミカル具合っす。




c0223419_1922054.jpg


ステムにもベッチョリはみ出てるんでグリス量は充分…ぽい。

まあ、グリスアップし直しますけどね`∀´)Ψ





c0223419_1944614.jpg


そして生まれたSEF-R250 SIXDAYS(*`ε´*)ノ

ベーシックモデルのSEF-Rと比較するとSIXDAYSは

半透明ポリタンク、SIXDAYS専用グラフィック…が主な内容。

プラス3万でこのカッチョヨサならこっちっすね!




和田ぽん的には半透明タンクはオフ車必須装備。

レース中に足りるか否かの判断材料になるのはもちろん。

メモリを書いておけば何リッターからでも任意のガソリン量に調整出来るし、

そのレースでどれだけガソリンが減ったのかも把握しやすい。



…のも、もちろんですが何より練習…っつかフリー走行中。

「もう今日は足さないで走りきれるわ~、、、」とか

「そろそろ給油しないとなー」とか、

練習期間が開いちゃった時でも一目瞭然なのでわかりやすし。

心配性で常に多めにガソリン入れてバイクが重い…なんて事もなく。



半透明ポリタンクバンザーイ、ばんざーい、万歳ー(*`ε´*)ノ(*`ε´*)ノ(*`ε´*)ノ




c0223419_19736.jpg


実はさらに上のモデルも発表されまして、

SEF-R FACTORY (*`ε´*)ノ

コレはちなみに4st250だとスタンダード12万アップ。

なんといってもアクラポビッチのフルエキを奢っちゃってますよ。


あとはねぇ~…

SIXDAYSと同じく半透明ポリタンク、

グラフィックやシートが専用で、

リアブレーキディスクがソリッドローター、

スキッドプレートがAXPとか、、、。


でもカラーリングはSIXDAYSのほうが好きかなぁ~、、、。

SHERCOサポートライダー(?)の某選手のSEF-Rは

スカルビーニのフルエキつけてましたよね~。



ノーマルSEF-Rは疲れないマイルド(かつシャープ)な乗り味だったから

もっと極低速からパンチが出たりするのかなぁ…??





ま、そんな感じの上位機種もありますよ、ということで、、、。




c0223419_1747683.jpg


じっくり眺めてみます。

試乗インプレの時にも書きましたが、取りまわすとヒジョーに軽い。

車両重量102kgはダテじゃないっすね!(*`ε´*)ノ

エンジンとか見てもそんなに劇的に軽そうには見えないんですが、

取りまわしても乗っても軽い。

SEF-Rの一番の売りはやはりこの軽さですね。





c0223419_17494384.jpg


んで、試乗の時はすでにドロッドロで思わなかったんすけど(笑)

実はモノスッゴイ綺麗、美しい。

フレームの塗装とかパウダーコートか、ってくらいピカピカっす。

普段キレイなバイクを泥んこにする事に躊躇はないですが、

SERCOのこの仕上がりだとうっかりボンサイバイクにしちゃいたくなりますw





c0223419_17514529.jpg


SIXDAYSモデル専用グラフィックデカール。

スタンダードのSERCOはやや地味にも見えちゃったりしますが、

SIXDAYSは程よく派手でカッチョイイっすね。

派手すぎず、ちょうどよい。





c0223419_1753822.jpg


リアフェンダーはこないな感じ。





c0223419_1753339.jpg


ラジエターのルーバーにまでデカールが!!

手がこんでますw






c0223419_17533829.jpg


フォークガードデカール。

ミシュランタイヤ以外履きづらくなるのが難点か(笑)





c0223419_17542582.jpg


サスがストロークして、ブレーキホースが擦れないように

保護プロテクター的な分厚いビニール素材が貼り付けてあります。

この辺は他社にはない、初めて見る気配りっすねぇ~。





c0223419_17554731.jpg


シートはクイックファスナ一個で簡単着脱。

んで、シート下にエアフィルターがいます。

KTMなんかと同じく、純正でTWINAIRっす。



さらにその下にバッテリーが来ますね。

徹底した低重心化ですな(*`▽´*)



c0223419_17563212.jpg


タンク上に燃料ポンプ。

ホコリが溜まりそうで、着脱時は気を使いそうだけど、

コネクターは丸見えなので外しやすいっすね。

下についてて固いと結構ツライ体勢になりますしw




c0223419_1848893.jpg


あ、ちょっと気になったのはリムかなぁ。

ブラックアルマイトのリムはカッチョイイんですが、、、






c0223419_18484390.jpg


リムデカールがSIXDAYS=I.S.D.E=アルゼンチンで水色。

車体が群青色っつか、濃い青なのにリムデカールが水色だと

ステッカーが退行したみたいでイヤッす。

ここは全く違うハズシ色か、車体同色にして欲しかったかなぁ~と、、、。







c0223419_18505510.jpg


付属部品を漁ってみますw

ご注文頂いたオプションのラジエターガードやファンキット、

予備のエアクリーナーエレメントなど、、、。




c0223419_1852449.jpg


工具入りポシェットが付属、、、。

この辺は欧州メーカーの文化なんすかね(^ ^;




c0223419_18531921.jpg


しかもSHERCOのは工具が収納しやすいホルダー付きの、

ツール・マキ的なツール用ポーチっすね。

ベルト付きなのでウエストバッグになりますw





c0223419_18534064.jpg


オーナーズマニュアルとパーツリストもついてます。




c0223419_1854618.jpg


ま、読めませんがね、、、。





c0223419_1855119.jpg


でもパーツリストはありがたい。

案外パーツリストは整備して組み立てたりする時にも

部品の確認で役に立ったりします。





c0223419_1855751.jpg


そんな書類達の中にステッカーが紛れ込んでた。

チャンピヨーンって書いてある。

トランポに貼るべき!?




c0223419_1856774.jpg


ま、そんな感じで入荷しまして、

これから納車整備に取り掛かります。



フレームの塗りが美しい…ってのは言いましたが、

プラスチックパーツの光沢は国産以上で、

ドコまでがデカールで、どこからがプラスチックの地なのか

パッと見、判別つかないくらいの光沢があります。



文句ナシで「最も美しいオフロードバイク」に認定です。

和田認定。






c0223419_18582232.jpg


ま、1年経ったらガリガリになってるんでしょーけどね`∀´)Ψ
[PR]
by pitcrew_offroad | 2015-03-08 19:06 | SHERCO