バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

新コーナー「和田ぽんバイク史」のコ~ナ~…。

え~、今日はホントはハーレーに乗ってる
オッサンの友人数名とツーリングに行くハズでした。

ボクが「温泉に行きたいっす!!」って言ったら、
「オマエのチ○コなんて見たくねぇ」なんつー事を言われ、
「なんてこと言うんだこの人…」って思ったものの、結局温泉に行くことに決定…。

…だったはずが、雨の為中止…。
んで、ヒマになったのでブログ更新(爆)












とゆーワケで、ムリヤリネタを作る為に、
ワタクシめ和田ぽんの過去のバイク遍歴を御紹介。
ぶっちゃけボクのヒマ潰しだったりするので、ヒマな方だけどーぞ…。

記念すべき第一回は…




スーパーカブ50デラックス

c0223419_20532967.jpg


写真は「デラックス」じゃなくて「スタンダード」ですが、まああんま変わりません。
92年式のカブだったのは覚えてるんですが、手に入れたのはたしか…
ハタチだったかな…。



当時某有名T大学の学生だったボクの廻りにはバイク乗りが多く、
一人だけRVF400に乗るスポーティなヤツがいたけど、多くはストリートバイカー。
SRが異様に多くて、他にもマジェとかTWとかFTRとかシャドウとか…。

んで、ボクもバイクが欲しくなったんですが、
何故か親からは物心ついた頃からバイクを反対されてまして…。
親戚か友人でバイクで他界した人がいたのか?ってくらい猛反対されてました。

だから半ば諦めてたんですが、試しに「バイクに乗りたいんだけど…」
って言ってみたら、フツーに怒られた…(爆)



割りとすぐヘソを曲げる若者だったボクは、早々に両親の説得を諦め、
ナイショで買おうという方向に0.2秒くらいで決まった…。
一緒に住んでたら買ったって1日でバレるから、一人暮らしをしようと…。

今思えばすぐに熱くならないで、ちゃんと根気よく説得すれば、
わかってもらえていたと思うんだけど、
当時はさっそく一人暮らしの準備に取り掛かった。



んで、一人暮らししたはいいんだけど、当然お金がかかる…。
バイトしてお金貯めても、家賃や光熱費で消えて
バイクを買う金はおろか、免許を取る金すら貯まる気配がせず…。



ま~、とりあえず原付から始めようってコトで原付を探し始めた…。
この時予算3万円…(爆)


バイク屋さんに3万円握り締めて行ったところで、
買えるのは多分10年落ちぐらいのスクーター。
スクーターに乗る気はなかったので、
当時今ほど盛んじゃなかったヤフーオークションで探すことに…。

ホントはクラッチ付きのYB-1とかモンキーとかが欲しかったんだけど、
ヤフオクでも3万じゃ買えなかったので、ギア付きという点で妥協しカブを購入。

たしか2万8千円くらいだったと思う…。
見た目はボロかったけど、ドノーマルでエンジンの調子も良かった。




んで、埼玉までヘルメット持って電車で行って、
1時間半くらいかけて帰って来た記憶があります。

今でも鮮明に覚えているのは、買ったばっかでウキウキの状態で
埼玉から当時一人暮らしを始めた高幡不動に強風の中帰っていて、
関戸橋っていう橋を全開60kmくらいで走行してたら、「ピキッ!」って音がして、
フトモモらへんに何かが飛んできた感じがした…。

んで、なんだろうって思ってバイクをよく見ると、
元々劣化してピキピキだったレッグシールドの一部が
風圧に負けて欠けて飛んでってた…(爆)
その後、家に着くまで計3箇所欠けて飛んでいきました(笑)




んで、通販で8千円くらいのレッグシールド部分のカウルを買って、
人生初カスタム(修理?)をしたワケです。

c0223419_2113422.jpg


その後、ボンネビルを購入した後もセカンドバイクとして重宝してた。
一度友人に売却するも、数ヶ月で戻ってきて、
その後弟に売却するも、1年ちょっとで戻ってきて、
なんだかんだで数年乗ってた。

途中、タケガワのボアアップキットで80ccくらいにしたり、
マフラー変えたり、シートを拾ったアメリカンの物にしてみたり、
色々やってました。

ボアアップしても壊れなくて、もはや数万km走ってるけどノントラブル…。

学生の頃、高幡不動に住んでるのに六本木でバイトしてて、
高幡~六本木間を週4くらいで往復し、一気に距離が伸びた…。

ホント故障知らずのスゴイバイクだった…。
ボアアップしてスプロケ換えるだけで、街中でも不便を感じない程の速度も出て、
さらに燃費の良さはハンパじゃないってゆー、いいバイク。
「世界のカブ」は伊達じゃねーなーって思った。



その後、弟から出戻ってきた時に、なんだかカスタム熱に火がついて、、、



c0223419_21221951.jpg


こんなヘンなバイクになっちゃった…。

マフラーはフィッシュテールで車体から大きくハミ出し、
リアサスは手作りのリジットバー…。
より低く見せる為にリアホイールだけリトルカブの14インチにしてみたり…。

はっきり言って、工事中の道路の段差すら越えられないほどの低さになっちゃった(爆)


よーく見るとわかると思うんですが、シートの前にあるヘンな棒でシフトチェンジ。
本来足で踏むシフトペダルをハンドシフトにしてしまい、運転は主に片手…。
んで、運転しづらいストレートなハンドルバーでリジットサス。
メーターは足元にあるから、走りながらじゃ見れないし…。
ゆっくり曲がらないと色んな所を擦りまくり…(笑)

ま、はっきり言って慣れないと超危ないバイクでした。
赤ラメのエロいシートもかなり座り心地悪かった…(爆)

でもこーゆーのは見た目重視だから気に入ってた。
長時間乗ることもないから慣れれば色々気にならなかったし…。


コレを作ってしばらくしたあと、イー○ーライダースとかが同じようなカブ作ってて、
「時代を先取りしちまったぜ…」なんて得意げになってました(爆)
向こうの方がちゃんとカスタムされてましたが…。



そんなカブも結局友人に売却してしまい、未だに元気に走ってるようです。
ちょっとカスタムを戻されて、乗りやすくされてましたが…。


70才を超えて重いバイクを支えられなくなったら、
またカブが欲しいかも…。





カスタムしたカブに乗るオジイチャン…カッコよくないすか?
[PR]
by pitcrew_offroad | 2010-09-08 21:47 | 和田ぽんバイク史