バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

和田ぽんバイク史、XR400R。

えー、久しぶりの「和田ぽんバイク史」。

ごくごく一部の方から、

「最近『和田ぽんバイク史』更新されないね。」

などというお言葉も頂きまして、
見てくれてる人もいるんだなぁ~、って事で久々更新。

CRM250R→CRM250Rと乗り継いだボクの次のオフ車は…、、、





まずその前に…、もう5年くらい前だと思いますが…
当時、「BAJA1000」の存在を知りまして…、
「DESERT RIDE AND DAYS IN BAJA」という雑誌を購入し3回くらい熟読…。

c0223419_16195178.jpg


その後BAJAというレースに出ているライダーが、

「超カッケェ~!!」

とか思って、BAJA関連の記事や雑誌を読み漁りまして…、
んでXR650Rに強烈に憧れた…。

その頃はちょうどCRF450Xが出たての頃で、
今後はXRからCRFに推移していくんじゃなかろーか、
なんて言ってたら、そのすぐ後にCRF450Xが優勝して、
今やXR650Rは上位のライダーはあまり乗らない。

プライベーターにはそこそこいるみたいですけど…。




まあ、そんな感じでいつかはXR650Rに乗りたいなぁ~、
なんて言っていたものの、当時のボクのバイクの使い方としては、
月1回だけ定例会の様にオフロードに行ってましたが、
その内の6割がクーズドコース走行、4割が林道ツーリングって感じで、
XR650Rは当然そんな使い方には合わない…。

大型はボンネビルも持ってたし…ってのもありましたし…。
ま、ボンネビル売ったら変わりに買おうと思ってました。
それがRXV450になるとは当時夢にも思ってなかったけど…。
(てゆーか、RXVはまだなかったか?)



まあ、とにかくXR650Rはデカすぎるので、
そーするとXR400Rに目がいった…。

c0223419_16205179.jpg


XR250Rも当然魅力的だったのですが、
2スト250ccに乗っていただけに、「4スト250はなぁ~」などと
生意気な事を思ってまして…。

400Rもデカイが多少の苦労は覚悟の上ならナンとかなるだろうと…。
今考えれば4スト250がベストチョイスだったのは間違いない…。



そんな事を思っていたのが初代CRMが御臨終して、
2代目CRMになってまだ半年しか経っていない頃…。

「友人の知人」という遠い関係の人が、免停どころか取り消し処分になっちゃって、
所有していたXR400Rを手放したいという情報をゲット。

CRMはまだまだ元気な状態だったんですけど爆安だったから、
この機会を逃せば一生乗らないかも…、
って思ったらムリして買っちゃいまして…。

c0223419_1624524.jpg


あんま、まともな写真がなかったんですけど…。


コレ、友達の受け売りなんですけど、
欲しいバイクがある時は、あっちこっちで「アレ欲しいんすよ~!!」とか
「いつかアレ乗りたいな~」などと言いまくる…。


っていう持論がありまして…、
この時もいろんなところで「XR400Rが欲しい」って言ってたら、
巡り巡ってオイシイ話が舞い込んできたワケでございまして…。




んで、買っちゃいまして…。




背が高いのにキックオンリー…。
職業柄、キック始動は得意なんですが
サイドスタンドを使わずにはキック出来なかったっすね~、、、。

でも初代CRMはサイドスタンドキックしまくって、
フレームが折れたので(泣)、いつも路肩の段差などに乗ってキックしてました。
ま、チビのくせにハイスペックなバイクが好きな者の宿命っす。


c0223419_16212765.jpg


c0223419_16214057.jpg


96のXR400Rだったんで白外装だったんですが、
「やっぱホンダは赤っしょ~!」っつって赤外装を買った。

んでリアフェンダーはXR250の跳ね上がったやつにして、
ヘッドライドはDR-Zをつけて…リムもブラックにした。

他にはFMFのパワーボムにOZワークスのサイレンサーをつけたり、
サイクラのハンドガードやらSRCのフォークスタビなどなど…。

SRCのフォークスタビはイマイチだった…。
オフビの大ジャンプの着地で度々ズレてフロントタイヤと干渉したりで、
トラブルが絶えなかったので速攻外しました…。

人生初レースはコレでオフビの「年忘れエンデューロ」だったな~、、、。

c0223419_1622959.jpg







んで当時の感想としては、とにかく加速が怒涛だった…。

色んなレーサーに試乗してみたり、RXVを所有している今乗ったら
そこまでは思わないかもしれないですけど、
当時はフラットダートでアクセル捻るだけでニンマリした。


通常の林道走行ではすごい気持ち良いし、
高速道路も排気量分ラクだった…5速だけど…。

c0223419_16224266.jpg


林道ツーリングの時だけキャリアを装着しまして、
かなり快適だったなぁ、、、。

ただ、藪漕ぎ的なアタックに行った時とか、
タイトターンが多いコースではデカさと重さがネックになって、
ボクの力量ではあからさまに扱いきれず…。

ガレ場やヒルクライムでコケるが足が着かず、
サイドスタンドもかからないのでキック始動困難…
なので転倒を異様に恐れてアクセルを開けきれず…

ってな感じのダメな感じになってしまいまして…。

ま、今RXVで同じ間違いを犯している気がしますが…(爆)



そんな中、勝沼のコースに仲間と行った時、
友人のボアアップしたTT250Rに乗ったらビックリするくらい面白かった…。
アクセルターンもブレーキターンも全然やりやすいし、
回して乗れるから積極的なライディングが出来て楽しかった。

それが決定打となって、折れかかっていた心がボッキリ折れて、
250に乗り換えることを決意した…。



前にノーマルのXR250(正立MD30)やノーマルKLX250に乗って、
物足りなさを感じていたものの、それらをカスタムしていけば、
かなり面白いバイクが出来上がるんじゃないかと考えてしまい…、
倒立XR250を散々カスタムするキッカケになってしまったという…。


ま、当時はトランポなかったんでレーサーっていう選択肢はなかったですしね。


c0223419_16234654.jpg


余談ですが、XR250購入後、XR400Rは
しばらくモタードホイールを履かせて通勤、待ち乗りに使ってました。


これがまた面白かったな~、、、、。
このXR400RからXR250BAJA、XR250(倒立)、XR650R(一瞬だけ)と
しばらく「XR」に乗り続けてました…。

そのあたりの話はまた後日…。
[PR]
by pitcrew_offroad | 2010-12-08 16:30 | 和田ぽんバイク史