バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

ヘタレならローダウン!

モトクロッサーであるKX125をエンデュランサー化(?)しようと、
日々少しずつカスタムしてるワケですが…。

まあ、カスタムの方向性として「デチューン」(爆)

結果今のところ成功しているワケですが…。
(一部巨大すぎるタンクとか、失敗もありましたが…)

今回はさらにデチューンでローダウンを敢行してみた…。
また失敗に終わる可能性もありつつ…。








最近のオフ車は…、
ってゆーか今チマタで走っているオフロードバイクのほとんどは
リアサスペンションをリンクを介してスイングアームに取り付けてまして…。

このリンクの長さでサスの角度が決ります…。



つまりサスの取り付け角度が寝れば寝るほど、
車高が下がっていくわけで。


c0223419_15145570.jpg


車種によって形状が違いますが、こーいったリンクプレートを
使用している車種はコイツの長さを変えれば車高が変わります。

ちなみに下がKX125純正。
上がピットクルーオリジナルローダウンリンクプレート。(ま、ウソですが…)


コの字型のベアリング入りのリンクを使っている車種は、
そうそう流用はできないですが、こういうリンクプレートの車種は
他車種用でも系と長さ、厚みが合えば流用可能なワケだす。

ちなみに上のプレートはスチールなんで、KXの物より重いです。(KXはアルミ。)
ま、デチューンですから…(笑)

ちなみに10mmくらい長いんで、多分30mmくらいは車高下がるのかな…?





これがビフォー…。

c0223419_1619454.jpg


そして…

c0223419_16192895.jpg


これがアフター…。



リアタイヤとサイレンサーの位置関係を見ていただけると
分かり易いと思うんですが、かな~り下がりました。

結果かなり尻下がりになっているので、
そこは後日フロントフォークを突き出してバランスを取ろうかと…。

まあビッグタンクのせいでシートが反り返ってるので、
余計にフロントが上がっているようにも見えますが…。





車高が下がるメリットとしては、単純に足つき性の向上。
いざとなったら足が付けるという事実は、
場所によっては積極的なライディングを可能にしてくれるので
ビビリ~なボクにはポイント高し…。

オフロードにはビビらず開ければクリアできるのに…、
ってトコ多いっすからね…。

キック始動がやりやすいというのも、
レース中には転倒後のリカバリーの早さに繋がり高ポイント。



デメリットとしては車高が下がる事により、
車体のディメンションが変わってしまう…。
実際メーカー出荷時、要はノーマルのディメンションってのは、
ヒジョーに良く研究して作られていて、
ヘタに換えると車体全体のバランスが悪くなってしまう恐れがあります。

基本的にサスの角度が寝ると、サスが柔らかくなる傾向にありますし…。

場合によってはクイック過ぎたハンドリングが、いい感じにダルになったとか、
人によっては思わぬメリットがある場合もありますが…。



あとは車高が下がるので、大ジャンプの着地でサイレンサーや
シートレールにリアタイヤが干渉してしまう恐れや、
地上最低高が下がるので、走破性が低下したりします。


とりあえず、デコボコで1回走ってみて、ジャンプで底突きしないかとか、
サスの性能が低下しないかなどを試してみて、よかったら採用しようかなと…。


とりあえず、こないだ河川敷を走った感じだと
サス性能的には特に問題ない感じ。

ただジャンプはほとんどしてないし、河川敷なのでバンクコーナーとかも
ほとんどないし、最終的な判断は年末デコボコ行ってからっすね。






どーなるかな~。
[PR]
by pitcrew_offroad | 2010-12-21 16:50 | KX125XC