バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

お盆といえばケミカル…(*`ε´*)ノ

お盆です。

お盆はキライっす。

ドコ行っても混んでるし。

そんな時はオススメケミカルのハナシを…。



c0223419_16112072.jpg


このブログでも度々イチオシしてますが、

ワタクシめ和田ぽんはHIROKOが結構好きっす。


KX250のエンジンオイルにはこの「トライアル感性」を使用してます。

カーボンの付着が少ない、ってのがウリですが、

125の時に途中からこのオイルに交換した所、

以前使っていたオイルより明らかにピストンヘッドに付着する

カーボンが減少して驚きました。


エンジンの磨耗もこのオイルにしてから

だいぶ軽減されたよーな気がするので愛用してます。


極低速で粘ってる時のトルク感が増したよーな、

気のせいかもしんないっすけど。


しかしちょっとカブりやすいよーな気もして

40:1で混合してノロノロ走っていると

カブりやすくなる気がします。


以前のオイルではカブったことないのになー。

裏を返せば保護性能が高いのか??と。

なので普段は50:1、レースの時は40:1で使用してます。



某白井にある某トライアルコースの某オーナーさんも

このオイルをイチオシしてまして、

「圧縮が弱くなると音でわかるようになる」

って言ってました。



まあ、ギョーカイではなかなか有名なアノ人も認めてるってコトで、

やっぱ自分の印象は間違ってなかったぞ!と思い、

とりあえずずっとコレ使ってこうかと…。



そんな感じでオススメしている事もあり、

ウチでの2スト乗りはほとんどの人がトライアル感性使ってます。



旧ベスパ乗りの間でも人気のオイルみたいっすね。

定価は1Lで4200円となかなかお高いですが、オススメです!





そんなHIROKOの商品で新たに在庫で置くようにした商品が二つ。

c0223419_1626184.jpg


KZスペシャルチェーンルブ

元々はレーシングカートのノンシールチェーン用に開発されたオイルですが、

バイク用ノンシールは元より、エンデューロ用のシールチェーンにも有効です。


特筆するのは浸透性の高さと潤滑性能。

オフロード走行後にチェーンがガビガビになっちゃっても、

スタンドで後輪浮かせてコレを吹きつけながら回してると…、

ホントにスッと、かなり軽くなるんです。

この浸透性は優秀っすね(*`▽´*)



潤滑性も当然良好でチェーンの走行音が明らかに減るのがわかります。

この商品からHIROKO信者が増えるってウワサもあるくらい(笑)

マディコンディションのレースの場合、

モノの1周もしないウチにチェーンは泥の塊みたくなっちゃって、

はっきり言ってチェーンオイルなんてナニつかっても変わんなくね!?

とか和田ぽんも思ってたんですが、

この潤滑性能と飛び散らない感、浸透性はかなり好感触。

しかも値段も1575円といたってフツー。


いくら良い物でもあんまチェーンルブに金かける気ねっす!

とは未だに思ってますが、どーせ値段変わらないなら良いモノ使いましょ!!

ってコトで、これまたかなりオススメっすね。

オンロードバイクの方々にもぜひ!!

風雨に晒される通勤車にもオススメ。

ボクもアフリカツインに使ってますが、

雨でも飛散しずらく、長持ちしてます(*`▽´*)


今後はKXやWRに使用して、

オフロードでの潤滑の持続性をテストしていこうと思います。




んで、もうひとつが…。

c0223419_16371847.jpg


同じくHIROKOの添加剤。

「HEAT CUT」 1,995円

8耐で大活躍しました、コレ。


ボクのWR250RとkomaさんのKLX125に今回添加。

komaさんのKLX125はWEXの時とか、

120分の長丁場のレースではチューンエンジンというコトもアリ

ちょっとオーバーヒート気味になってしまいましたが、

真夏の8時間のスタックコースでもオーバーヒートせずに乗り切れました(*`▽´*)

ま、オイルクーラーもついてたんでその効果もあるかもしれませんが、

そもそも8耐はほぼ走行風なんか当たらない過酷な状況だったので

オイルクーラーの効果こそ怪しい感じだったので

HEATCUT効果はあったんじゃないかと…。


WRの方は体感的には特にないっすけど、

あれだけ難コースでぶん回したワリにはクラッチの磨耗があまり

見受けられなかったよーな…。


クラッチをバラしての点検はまだ行なっていませんが、

抜いたエンジンオイルはかなりきれいなままで、

クラッチのスラッジなどで黒くなってたり、

やっちゃった時のクラッチコゲ臭も皆無でした。



とりあえず長丁場や過酷なレース前には

おまじないを兼ねてぶっ込んでおこうかと…。


意外とおまじない好きなので…(^^ゞ



あと、このHEATCUTはエンジン組み付け油としてもオススメ。

組み付け時に塗るオイルをこのHEATCUTにすると

初期磨耗をかなり抑えられるとかなんとか…。



あとHIROKOで使用してるのはギアオイル。

c0223419_18115420.jpg


ギアオイルに関してはそんな体感とか出来たこともないので、

なにを使用しようか迷うんですが、

そこは結構他のオイルが良かったメーカーってのは

やっぱ信頼性が増すわけで…。

コレもHIROKOいっときましょってコトで…。

値段も手頃な1,995円ですし…。


ダメなオイル入れるとクラッチ磨耗したりしますしね。

体感には繋がりにくいオイルですが良い物を入れたいっす。



ま、そんな感じでHIROKOのチェーンルブとヒートカットは、

今イチオシなのです(*`▽´*)




ちょっと4ストオイルもHIROKO試してみたい気はあるんすけどね、

とりあえず今使ってるのはコレ…。

c0223419_18164496.jpg


MOTUL 300V OFFROAD

8耐でWRに使用しました。

HEATCUT効果と300V効果のどっちなのかは

一緒に使っちゃったのでナニがどーなのかもうさっぱり(笑)ですが、

とりあえずしばらくはこの組み合わせで行こうと思ってます。

300V OFFROADは粘度が「5W40」と「15W60」の二種類で

その二つをブレンドすることで粘度を選択することが出来ます。

「10W40」相当だったり、「15W50」相当だったり…。


とりあえずこの二種類持っとけば夏でも冬でも、

コースによってでも使い分けるコトが出来て便利です。



c0223419_1820931.jpg


旧パッケージは4stオイルなのに2stバイクが描かれてますが、

やはりツッコミが各所から入ったのか、ニューパッケージでは

4ストマシンに絵柄が変わってました(笑)

ま、そりゃそーだ(*`▽´*)





紹介ついでに思いつくオススメケミカルを紹介すると…、

c0223419_18243346.jpg


コレはもう昔から愛用しているオメガグリース。

パッケージは同じですが違う商品。

青いグリスのベアリング用と、赤いグリスのサスペンションスライドメタル用。

特に青グリの方は粘りっ気がスゴイ。

極圧性の高さがウリですが、グリスをハンマーでブッ叩いてもあんま飛び散らない…、

ってのを営業さんがやってた。

瞬間的な力がかかると硬くなる…の!?


ま、その辺のメカニズムやなんやらどーでもいいんすけど、

水や泥がかかりまくるリンクベアリングにつかうと、

数レース後にみても確実にグリスが残ってます。

フツーの防水グリスと比べても明らかに強い耐久性と防水性。


価格もそんな高くないのでオススメです。

1260円。

ステムベアリングやシールタイプじゃないホイールベアリング、

リンクベアリングなどにオススメです。


赤い方はフロントフォークをオーバーホールする時に使ってます。

フォーク組み付け時にスライドメタルに塗布します。


かのオーリンズで有名なサス屋さんもその効果に驚き使ってるとか…。

ボクごときは走りで体感する事はまったくもって出来ませんでしたし、

オーバーホールも基本漏れるまでやらないのでわかりませんが(爆)

これまたおまじないで塗布してます。

そんな量を使わないので、1回1260円で買っちゃえば、

そうそうなくならないっすからね…(*`▽´*)




ついでに…

c0223419_18334565.jpg


TOYOTAのカプラーグリス。

泥水に晒されそうなECUやダイレクトイグニッションコイルの

カプラーなどに使用してます。



c0223419_18343347.jpg


注射器にいれてこんな感じに…。

端子が腐食して接点不良は、結構診断にも苦戦するので

事前に予防しておきましょう、と。





c0223419_18355531.jpg


あとはスティック上のネジロックとか。

液状のモノとちがって垂れないのでオススメ…。




c0223419_18363321.jpg


液体ガスケットはスリーボンドの黒いヤツ。

コレはほんと強力っす。

ボクのKXキックで破けたメレルのビブラムソールも

ダメもとでコレで補修したら防水性と共に完全復活してます。

つーか、本来の使い方じゃないっすけど(笑)


紙ガスケットをつかわないクランクケースの合わせとか、

しょっちゅう漏れるカワサキヘッドカバーの半月状の部分とか、

漏れやすい部分に猛威を振るいます。

硬化した後はホントゴムみたいになります。


コレとワコーズのガスケットメイクを使い分けてます。




ついでに…、

c0223419_18405431.jpg


グリップボンドにはコレつかってます。

ま、なんでもいいっちゃいいんすけど、

職業柄ホットグリップをつけたりもするので、

耐熱性も高いこのボンドはなんでも使えるのでオススメっす。

ハンドルバーにつけた後は、指にビニール巻いて

薄く延ばして、1分くらい待ってからグリップつけてワイヤリング3箇所。

これでイケさんよろしく、「グルグルアボン」になることはまずないかと…。



c0223419_18432473.jpg


フィルターオイルは最近No-Toil使ってますね。

大好きだったモトレックスのフィルタークリーナーが廃盤になっちゃってマジショック。

液体で使いやすかったし、安かったし、ホントにかなり落ちたし、

バイオ素材だからそのまま流せるし…。


よかったなぁ~…。



そんな感じのケミカル特集でした。



みなさま良いお盆を!!


ピットクルーは12日(月)~15日(木)までお盆休みを頂いてます!!

16日からは通常営業っす~(*`ε´*)ノ
[PR]
by pitcrew_offroad | 2013-08-11 19:48 | カスタム&装備品