バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

KX85-ⅡとCRF150R(*`ε´*)ノ

以前KX85-Ⅱのエンデューロでの密かな優位性を説いたトコロ、

アホほど反応があったので、調子に乗ってさらに追求…。

以前から19インチマシンの中ではイチオシしてたCRF150RⅡと比較…(*`ε´*)ノ



c0223419_14133684.jpg


New KX85-Ⅱのね、

エンデューロいけるんじゃないか説はこないだのとーり。

「こないだ」はコチラ…(*`ε´*)ノ

実際先々週の水凸で乗り込んでみましたが、

やはりイケる気がするっすよ!

ソレを立証してやろうと思ってWEX開幕戦にトリプルエントリーしたんで、

使用許可が下りれば90minのトップクラスで優勝してやろうと思ったのに、

鎖骨が折れてDNS決定で残念(*`ε´*)って感じっすわ。ペッ!!





んで、対してHONDAが誇るCRF150R…

c0223419_14314116.jpg


クラス唯一の4ストロークっすね。

他メーカーが追従するかと思ったけど、

とりあえず一向に追従する気配はないっすね(^^ゞ


それどころかカワサキは2ストをさらに進化させるし…(笑)

ビバ2ストローク派ですんで大歓迎っすけどね(*`▽´*)




c0223419_14335014.jpg


んで、komaさん号のCRF150RⅡを借りてデコボコライドオン!!

先に言っときますと、komaさん号のCRFは

すでにフライホイールウエイトなどなど、

エンデューロ用にカスタマイズされています。



やっぱトルク…っつか、開け始めのトラクションが良いっす。

当日は所々ツルツルで、試乗には絶好コンディションだったんですが、

通称「大坂」の助走区間が一層ツルツルで、

KXは加速でのトラクションが得にくく、

かなり意図的にリアサスに加重をかけ、

アクセルワークとクラッチワーク(とくにクラッチ)に十分気を使わないと、

スリップして助走がうまくつかなかったりします。



対してCRFはさすがの4ストトラクションで、

当然気は使いますが、85ほどのシビアさはなく、

ツル路面でもトラクションさせやすく、加速しやすいっすね。



逆にCRFでネックに感じたのはエンストと再始動性。

ウッズやワダチの中のギャップなどで、4ストモトクロッサーらしく、

気を抜くと「スコッ!!」とエンストするコトがあります。


そしてエンジンがキンキンに暖まってると、ホットスターターを使用しても

すぐさま再始動というワケにはいかず、やはり数回キックするハメになります。


たまにエンデューロ会場で見かけるフルサイズモトクロッサーの

キック地獄に陥った人たちほどにはならないすけど…(^^ゞ



それに比べ、KXはそもそもエンストしずらいですし

エンストしても再始動はほぼ1発。



この日はどちらも転倒はしなかったですが、

過去に旧KX85-ⅡやCR85Rや転倒しても、まず1~2発、

最低でも4発以内にはかかってましたし。



この辺はとくに85、150に関わらず125でも250でも、

だいたいのモトクロッサーに共通する2スト4ストの差っすね。





c0223419_1445661.jpg


んで、やはり圧倒的にKX85-Ⅱの方が軽さが際立ちます。

カタログスペック上でも77kgと84.9kgと約8kgの差があります。

ま、ほぼ1割増しですからね。


両車種を所有しているオーナーkomaさんも、

特にKXからCRFに乗り換えたときに、より顕著に重さを感じる…って言ってました。




あとはKXの足回りの良さが光りますね。

コレは前回のKX85-Ⅱのエンデューロ適性検証の時にも言いましたが、

前に和田ぽんが乗っていたCR85RⅡと比べ、足が良い。

2連をショートしても踏ん張る安心感があります。

CRF150RⅡのサスペンションはほぼCR85RⅡと同じ印象。



両車を選ぶうえで、明暗を分ける程の差ってワケじゃないですが、

大きなプラスポイントではありますね。




はい、まとめ…(*`ε´*)ノ




KX85-Ⅱ
○とことん軽い
○(再)始動性がよい
○サスペンションがよい(ふんばる)
○CRFに比べ、価格が圧倒的に安い
×コーナリングなどで高回転キープ&半クラ加速などテクが必要
×滑る路面でのコントロールがシビア



CRF150RⅡ
○直進性もコーナリングも安定感がある。
○スリッピーな路面でのトラクションがバツグン
○ビッグタンクなどパーツが豊富
×油断すると低速で不意にエンスト
×エンスト後や転倒時の再始動性(&85に比べてキックが重い)




あくまで和田ぽんインプレですが、そんなトコロ…。

和田ぽん的にはどっちを選ぶか…??っていう問いには、

結構迷うトコロですがKX85-Ⅱに軍配っすね。

決め手はCRFのエンストと再始動性。

エンストに関しては、慣れでかなり防げると思うんですが、

転倒後の再始動など、長丁場のエンデューロでは絶対キモになると思いますし。


あとはパワーバンドをキープし続けた時の加速の鋭さがKXは秀逸ですね。




ただ、スリッピー路面での両車種のトラクション性能もかなり明確。

2スト慣れしてるか、そこそこの中級者じゃないと、

85より150の方が速く確実に走れるんじゃないかって気もします。



軽さとピークパワーの鋭さがKX85のメリットですが、

ギア選択をミスった、スリップしたり泥濘にとられ失速した…など

ミスった時に2ストでは瞬時に速度をリカバリー出来ないのでロスがデカイんす。

'13までのKXよりはだいぶリカバリーしやすいと思うんすけどね。


CRF150Rは4ストですし、排気量分のトルクがあるので、

パワーバンドを外すミスをしてもエンジンがカバーしてくれて、

それほどロスらなくて済む印象です。




な、ワケで。

前モデルより格段にトルクは上がったものの、

いざスリッピー路面を走ってみると、やはり2ストらしく色々気を使うので、

結局フライホイールはちょっと重くしたいかもっすね。

ちなみにフライホイールの品番自体は'13も'14も同じなので、

「STEAHLY OFFROAD」などのフライホイールウエイトは

今までの85のままで使えるハズっすね。



そんな感じの両車種のエンデューロインプレでした。

乗るライダーによってCRFとKXと、オススメが違うかな~、、、。


KX85-Ⅱはギア選択ミスや、失速するまえに半クラあてて

速度を落とさないテクや集中力が必要…、、、

CRF150Rはとにかく低速でのエンストに気を使って、

低速でも回転数高めキープでエンジンを止めないことと、

転倒した際に、鬼の形相でストールする前に起こす気合い…、、、





あくまで和田ぽんの独断による感想ってのと、

あくまでエンデューロで使用した場合…って前提っすけどね。

御参考までに…。








ちなみに先日ウブカタさんにも'14 KX85-Ⅱを乗ってもらったんすけど、

ブログにインプレを書いてくれてます。

ウブカタジャパンさんのインプレはコチラ…!!





'14KX85-Ⅱですが、そろそろメーカー在庫も怪しくなってきました!

ピットクルーに在庫をしていた車両は先日すべて完売しました!

なので、'14KX85-Ⅱを御検討の方は手に入れるなら早めに動かないと

納車までムッチャクチャ待つハメになっちゃったりする可能性があるので注意っす(*`ε´*)ノ

だけどまだ間に合う。

迷ったら買い!!





以上だぜぇ…(*`ε´*)ノ
[PR]
by pitcrew_offroad | 2014-02-08 10:35 | カワサキ