バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

BETAの話と20日はデコボコに行きましょ!って話

まともな告知がなかなか出来ず、やっとこ告知っす(*`ε´*)ノ

4月20日は「自由に選べる月イチの代休」システムを使って、

珍しく水凸ならぬ「日凸」をしようと思うワケですが、

せっかく人の多い日曜行くのならば、試乗車や中古車を持っていって

半分仕事のよーなコトをしてみよーかな、という…。



c0223419_21105820.jpg


写真取るのを忘れているウチに本日の営業が終了して

バイクしまっちゃった後なんですが、

RR4T125LC入荷しました!

今年からのニューカラー「ホワイト」っすよ~(*`ε´*)ノ


横にチラ見えしてるのはピカ○ュウのパチモン「ピットチュウ」っす。

ピットクルーのイメージキャラクター…ってワケでもないんすけど。

なんかちょっと前からいます。




レッドのほうは先日お伝えした試乗車が展示中なので、

そちらでご覧になっていただければと~!!

こちらね。←←←クリック!!

んでんで…、、、

そんな試乗車のハナシの時にお伝えした、

しょっぱいラジエターホースですが、まんまと対策されてました(笑)


ウチが入手した試乗車のRR4T125LCは日本入荷初期の頃のヤツだと思うんで

まだそのままの状態だったんだと思うんすけど

和田ぽんの懸念通りしっかり漏れるようで、良いホースに変わってます。


その辺の対応はサスガBetaMotorJapanって感じですね!


外国産車を安心して買えるかどーかはインポーターの対応力によるトコロも大きいっす。

フサベルジャパンがそうだったよーにね。



ま、独り言っすけど。





んで…!!

c0223419_21204217.jpg


今週は水凸してきましたよ!(*`ε´*)ノ

先々週は寝坊したせいでほぼ走れなかったので、

鎖骨骨折以来、まともな水凸は初!ってコトになります。


まーKX250は依然アボン冬眠中ですし、

通勤車アフリカツインは車検切れで冬眠中なので、

かわりにWR250Rが通勤車と化しているので

いちいち保安部品外して水凸仕様にするのもメンドイワケで…、、、。

タイヤもイマイチな捨てタイヤついてますしね。



んで、こないだ組み上げたばっかのオカニーさんTE300を持ってきたワケっす。

まー和田ぽん的にも走れるマシンゲットなワケですし、

しばらくニューマシンYZ125EDに夢中なオカニーさんもしばらくTEには乗れないそうで、

腰上の慣らし走行をするには利害一致ってなワケで…(笑)


BetaとHusabergの2台積み…くぅ~カッチョイイ!!ってなワケで、

新旧ピットクルーイチオシバイクラインナップなワケっすね。


c0223419_2126657.jpg


んで、まずは完成した試乗車をテストライド!!(*`ε´*)ノってコトで走り出しまして…、、、

感触は良いのでいきなり一人1時間耐久…。

鎖骨は通常走行では問題ナイっす。

ただ不意にギャップにハンドル持っていかれたり、

ジャンプをしくじって突き刺さったりしてデカい衝撃が来ると

痛み…って程じゃないけど違和感アリアリな黄信号点灯なので、

そーならない程度のボチボチ走行を強いられるワケっす。


体が接地しちゃうよーな転倒は100%しないぜー!ってくらいの。



ま、ソコは早い完全復活の為のガマンの期間っすね(^ ^;



限界まで攻めて練習…ってのが出来ないので、

逆に淡々と無難に周回を長時間続けて体力と勘を取り戻すしかないな、と。




んで、そんな感じで1時間グルグルしてたワケですが、

シャシーの感じは125の頃に乗っているので知っているんすけど、

興味津々だった185ccエンジンは案の定かなり好印象。

まずトラクションが良い。


マイルドに立ち上がる特性はそのままなので、

ビギナーでも十二分に扱える感じで不意な挙動を起こさないっす。

所々泥濘が残るデコボコでしたが、スリッピーな場所でもトラクションがよく、

リアが滑ったりはしなかったっすね、、、好印象。



そして予想通り排気量分のトルクとパワーがあるので、

125の頃に感じた「ビギナー限定」な感じはなく、

ある程度のライダーまで十分満足出来るパワー感かと。


ファンバイクなので「レーサーと比べるモノじゃない」

という前提を付け加えますけどね。



そしてDOHCエンジンなせいもあり、予想より高回転型っすね。

WR250Rのように「高回転を維持しないと

ストレスフリーに走れない」というコトはないですが、

低速トルクを使って走るより、積極的に回して乗ったほうが具合良いっすね。

言い方アレですけど、所詮ファンライドマシンなので回して乗っても

ドッカンくるワケじゃなく、あくまでフラットなので

思った以上のパワーが立ち上がったりせず

制御しやすいんす、うまく言えないんで伝わるかな、、、?


ビギナーでも高回転維持で走れるので楽しく走れるって感じすかね。

逆にそういう乗り方がこのバイクを速く走らせるコツだと思うワケで…。

結果、高回転の使い方入門的な感じになりーの、

上達速くなりーの、、、そんな感じ。

伝わんねーかー、コレじゃ(笑)





逆に気になったのが足回り…。

リアサスはテクニクスさんでO/Hしたので感触良好。

見た目ややプアな印象を受けるサスペンションですが、

初期の動きも良く、だいぶいい感じの働きをしてくれてます。



んが!


フロントがやっこすぎる…(TεT)

フープスを1個ずつ飛んでもゴツッって来る…、、、

減衰効いてないワケじゃないんだけど、サスが入り過ぎるっつうか…。


前に125のままのヤツですが、

乗ったときはこんなんじゃなかったのでナニかオカシイ!!



調整機構などはついていないのでその場ではお手上げ…。

原因の詳細は後述っす。


まー、気になる程度で走れないワケじゃないのでそのまま1時間続行で…。




走り終えて思ったのが「マジ疲れねぇ~!」ってコト。

鎖骨保護の為「攻めてない」ってのもありますが、じぇんじぇん疲れません。

やっぱ扱いやすいエンジンってのが不意な挙動を起こさないので、

恐怖心もないし、疲れなさに繋がるワケっすねぇ~!!



現在のデコボコには大坂手前に丸太が常設されているんすけど、

その丸太超えたりする時は21インチの恩恵を十二分に感じます。



和田ぽん的に昔から言っている、軽くて、乗りやすくマイルドだけど

125よりパワーのあるエンジンでフルサイズホイールっていう、

ニッチなCRF230F的なポジションにベストマッチなバイクっす(*`ε´*)ノ



乗ってみて確信、やはりコレはオススメです。

オフロード始めたいビギナーがノーマル125で練習し、

慣れてきた頃に185cc発動!!(# ゚Д゚)ってのもいいんじゃないかと…。


維持費の関係で125cc…って人もコレ買っとけば

やっぱ高速乗って林道行きてぇ!!ってなった時も

185cc化で軽二輪登録に変更…!!なんて荒業も…。





とまあ本気でオススメなんですが、勘違いしないで頂きたいのは、

文中でも言いましたが、「あくまでファンバイク」。

レーサーと比べたら足回りもプアなので、

2連やフープスで突き刺さっちゃったりは思いっきりNGっす。

大ジャンプなモトクロスセクションのあるレースでは中級者以上はガマンっすね。

初級者ジャンプくらい吸収してくれるサスだと思いますが。



しかしオフロードバイクはマシンスペックがすべてではなく…、、、

乗りこなせないハイパワーマシンより、

淡々と走る扱えるマシンのほうが好成績を叩き出す場合もままあり…。





フルサイズバリバリレーサーは「疲れる」「怖い」「乗りこなせない」…

なんて方にもオススメで、CRF125Fなどの19インチファンライドもいいですが、

しっかりした車格ともう1段上の排気量なこのマシンは、

より速く楽しく走れるんじゃないかと思います。




21インチの安定感はガレやウッズ、下りのギャップなどで、

ホントに恩恵を感じますよ♪♪



フルサイズなトレールマシンはビギナーにも優しいですが、

それより圧倒的に軽く、オフロードよりな車体構成は、

やはりソレより速く楽しく走れるワケで…、、、。




トレールバイクでレースに臨もうとしている人や、

19インチ4stファンライドの購入を検討している方に、

新たに提案したいのがこのフルサイズ185(125)ファンライドマシンなワケっす。




と、街頭演説みたいになっちゃいましたが…、、、



散々トレールも19インチファンライドもオススメしてますんで、

ソレらはソレらでいい所は当然あり、人によってはソッチのがオススメな場合もありますが、

絶対コッチのほーがいい!って人もいるので、

オフロードバイク買う前にぜひ相談しに来ていただければと~!!



実際今日来たお客さんはこーゆーファンライドを検討しつつご来店下さいましたが、

色々使い方などのお話を聞くと250クラスのトレールのほうが

良いんじゃないですか?って人もいたワケですしね。

そーゆー人にはソッチを勧めます、ハイ。




ま、ちょっと脱線しましたが、、、






んで!!

懸念のフロントサスペンションですが、

125ccのRR4T125LCには散々乗ったので、こんなハズないんす。

何かおかしいんだなぁ…と帰ってきてからチェック。

c0223419_21532614.jpg


フロントフォークを分解チェックっす。



すると…


キレイなフォークオイルが出てきまして、

交換してからそんなには走ってないのかなぁ…って気がしますが、

な~んかちょっとオイルがシャバシャバな感じがするんすよねぇ…、、、。


マニュアルでチェックするとフォークオイル粘度は「SAE10W」。

フォークオイルはよく「5番」とか「10番」とか言ったりしまして、

フォークオイルの品名でもG10とかG15とかなってます。


でもSAE規格の10Wって粘度はG10と同じじゃなくてね、

手持ちの互換表で見るとだいたいG15のオイルが同粘度。



でも出てきたオイルは触った感じかなり柔らかい。

いつのオイルかわかんないのでシャバシャバになってるだけの可能性もありますが、

雰囲気的にはSHOWAのSS-05とか、KAWASAKIのKHL15-10など、

一般的に言う倒立用フォークオイル的な粘度な気がするんすよね…。


前オーナーさんが間違えて入れちゃったんじゃないかなぁ~…って感じが。

SAE10WとG10を間違えたとか、倒立用オイル入れちゃったとか…、、、

確かに倒立ですし…。



んで、とりあえず手持ちのKAWASAKIのG15のオイルを入れてみます。

明らかに硬くなった動きをするので良い感じかも。



とりあえずまた水凸チェックしてきますが、多分いいんじゃないかな、コレで。


ちなみにこのRR4T125LCのフォークは面白い作りで、

左右でまったく違う構造をしています。

フォークスプリングは片側にしか入ってません。

そのフォークスプリング側が圧側の衝撃をスプリングとオイルの減衰で吸収し、

反対側のフォークが伸びの減衰力を発揮します。



だもんで、単体で押すとスプリング側は押したときは一般的なサスと同じ動きですが、

伸びる時の減衰は感じません…ってかほぼナイっす。

ビヨンと戻る感じ。


反対に伸び側の方はスプリングも入ってないので、

手で押しただけでスコーーーーーっと入っていきますが、

同じく手で伸ばそうとするとかなーり減衰効いててすぐ伸びてこないっす。


パイオリって、こういう左右独立した構造多いような印象っす。

独自のテクノロジーってヤツっすかね。



減衰圧の調整機構はない125LCのサスペンションですが、

このように左右が独立してるので、ある意味レーシングサスのように

圧側と伸び側が完全独立(笑)

油面やフォークオイルをブレンドして粘度を調整することで、

圧側は伸び側の影響を全く受けずに調整できるってコトっすね。


ま、この車両でソコまで煮詰める人がいるのかはナゾですがね。





まー本来の目的は軽量化でしょーね。

本来両方のサスペンションにスプリングとダンパーが同じく入ってますが、

それを片方ずつに分けるコトにより圧倒的な軽量化に。




左右別の動きでダイジョブなの!?って懸念もあると思いますが、

ステムの剛性がしっかり出せていれば全く問題ナイっす。

国産モトクロッサーやKTM&フサベル(現ハスク)の4CSもそうです。



思ったより全然良いサスペンションかもしんないっすね。





あー、あと気になったのはステップ。

c0223419_22104613.jpg


ノーマルで装着されてるラバーを外すとオフロードペグになるんですが、

ちょっと器のような形状をしてるので、溜まった泥が出ていきません。

ヌタったデコボコを走ったら、片側だけでしたがステップのスジ切りいっぱいまで

泥がこんもり入ってました(^ ^;

たぶんマディ走ったら両足でしょうねぇ~。



ま、外側のギザギザ部分が隠れはしないので、

泥が詰まるだけでグリップ感が損なわれるワケではないんですが、

レースに使うならここはオプションのアルミフットペグなどに交換したいトコロっすね!

c0223419_2214791.jpg


ボアアップキット然り、欲しいパーツがオプションパーツとしてあるのが、

外国産オフロードバイクの良いトコロでもありますね♪♪





ってなワケで、コレでメイビーバッチリなワケで、

またまた来週の水凸が楽しみなワケっす。




んで、ハナシは今週の水凸に戻りますが、、、

c0223419_2295160.jpg


ひとしきりRR4T125LCに乗ったので、

恒例の「みんなでランチタイム」を楽しんだあと、

午後の部はTE300に…、、、。




半分強入ってるタンク内のガソリンを使い切るコトが目標です。


エンジンはシリンダーを再メッキ加工で復活、ピストンは新品。

軽量化の為、セルを捨ててキックオンリーに…。



ジェネレーターカバーもKTM用を流用して、

セルモーターの取り付け口も撤去して、

リード線やら、スターターリレーやらに至るまで完全撤去。

当然バッテリーも撤去ですからかなりの軽量化…。





実際かなり軽く感じます。







しかしオカニーさん…、、、





ボクはセルが欲しいです(笑)




まー、ボクのKX250よりキックはしやすい印象で、

最初からコレならまあしょーがないんでしょうが、

確かに体感は出来る軽量化…はあるんですが、

やはり不意のエンストなどからのリカバリーを考えると、

エンストしない上級ライダーじゃない限り、セルの恩恵のが大きいかなぁ~と。


まー、オーナー様のオカニーさんは「勝つため」じゃなく、

修行の為外すって言ってたんでいーと思いますがね、、、。



マネはしないほうが良いと思います(笑)




あとFMFのナーリーチャンバーと、サイレンサーもFMFつけました。

ぶっちゃけノーマルの乗り味を忘れてしまったのでよくわかりませんが、

超モリモリな低速トルクで、パワーバンドを大きく外したギアで走らないと、

濡れ気味のウッズ区間はしんどいかなぁ~…と。


このトルク感はナーリーのオカゲ??



あと気のせいか低速ちょっと濃いかも…。

その辺は要セッティングかもしんないっすね。

あとはオーナー様に乗り込んで頂いて…、、、。





c0223419_2222455.jpg


ほぼ1時間走ったらちょうどガソリンもなくなりまして、

最後の方は走りながら残量チェックしつつ完走…。



このタンクは走りながらでも残量チェックしやすく好印象ですねぇ~、、、。






最後はicさんのKX125をブンブン回しながら乗りまして…、、、



昔2st125ライダーだった頃を思い出しつつ…、、、




デコボコランドを走るなら、やっぱ2st125が最高だなぁ~と思ったワケっす。



久々の水凸はガッツリ乗り込めて楽しかったっす!!

でも思ったのが、2ヶ月程度ではあんま体力も勘も特に…、、、

落ちてない気がしますね(^ ^;


まー、レースに出て限界走行したワケじゃないんで

わかってないだけかもしれませんが、

1時間×2を含むミッチリ練習走行しても、

まー今までの疲れとあまり変わらないかも…。



社会人オフローダーなんて、元々こんなモンなのかもしれないっすね(^ ^;

イッチーも1年のブランクはそれほど感じないと言っていたし…。







そーして!!


4月20日、日曜日!!


前も言いましたが凸ります!!

鎖骨がアレなんでレースに出れず、

JEC-LitesはウチからM男さんが出走するのでカブッて観戦も行けないので、

休みは土日にデコボコで使っちまおうと…。



普段なかなか土日休みな方々と遊べないですしね。





んで、賑わっている日曜にデコボコ行くなら、

試乗車やら中古車やら持っていってしまおうと…、、、

c0223419_2238876.jpg


当店自慢の中古車その1。

'14モデルKX85を持っていきまする。



'14 KX85はエンデューロにどーなの!?

KX85-ⅡとCRF150R(*`ε´*)ノ

↑↑過去記事は上をクリック!!

KX85の大人のオフロード遊びのススメは以前ブログ記事にしたとおり、

本気でオススメな車両っす!!

今までの2st85を覆すトルク特性と足回りっす。



'14モデルのメーカー生産台数も残りはあとほんのわずか。

迷ってる人は今決めないとホント'15モデル待ちになってしまいますんで、、、。

ぜひこの機会に最終決断を…(*`ε´*)ノ




あと、、、

c0223419_22404070.jpg


当然、自慢の中古車その2。

Beta RR4T125LC 185ボアアップ仕様

なかなか乗れる機会も少ないと思われるのでこの機会にぜひ。


度々言ってますが、ステップ位置がスイングアームピボットに近く、

キャスターも立ち気味でトライアル的なこのBeta特有の安定感ってか、安心感。

ジャストフィットな185エンジンと「小さめフルサイズ」に

ぜひとも乗っていただきたい(*`ε´*)ノ


エンジンは安心のYAMAHA製もポイント激高♪♪






2台だけじゃ寂しいのと、現在本気オフローダーにオススメな、

「トレールじゃない中古車」が多くスタンバイ待ちなので、、、

一気に仕上げて持っていってしまおうかと…、、、



c0223419_22441861.jpg


まずは和田ぽんイチオシマシンだけど圧倒的にタマ数が流通してない

CRF230F

保安部品はヘッドライト以外外して持っていきますが、すべてあります。

元々ウチで売った車両なので、ソッコー外せるカプラーオン仕様になってます。

リア周りの電装系はリアフェンダーごとシャキーンって。

ナンバーも取れますよ、当然。



今回、販売にあたってヤレていたハンドル周りを一新。

ハンドルをプロテーパー、レバーをショートにしてポリスポのEVOハンドガード装着。

無難にレッドにしようと思ったら在庫切れ( ´△`)

さらに無難にホワイトにしようと思ったら在庫切れ(;´д` )

じゃもーブラックでいいやぁ~と思ったら在庫切れ(TεT)



じゃーもーオレの趣味全開で逝ってやんよ!ってイエロー(*`ε´*)ノ

くぅ~ギザカコヨス!!




c0223419_2311281.jpg


c0223419_2312637.jpg


キャブの分解清掃、タペットの調整など一通り点検済み。

とはいえ前オーナー様があまり乗らなかったのでタペットに狂いはなかったっすけど(笑)



c0223419_2314924.jpg


エアクリ、バッテリー、プラグ、オイル類は新品に。

チェーンはまだですが納車時新品にします。


RR4T185LC同様、これまた十分な排気量の小さめフルサイズなイチオシっす。

売り物なので基本乗れませんが、もう本気で買う率90%以上の人は

許可するかもなんで現地でご相談ください。

ハンドガードも新品なので、転倒=購入っすからね(笑)



あ、値段は30万…チョイかな。




c0223419_22512235.jpg


そして中古車第二段がTT-R125LWE!!

「LWE」なんでセル付ですわ!!


小柄な女性やビギナーにオススメなファンライドマシン。

前述で散々オススメしていた小さめフルサイズすらちょっと重く怖いってな方に

オススーメなマシンっす。



程よいカスタムもポイント高く、

BBRの前後ハードスプリングが入っているので大人もOK仕様。

ノーマルスプリングもちゃんとあります。

アンダーガード兼サブフレームもBBR製で…。

ハンドル周りもご覧の通り。



程度もよく好調ですが、前歴はわからないので…

c0223419_22552942.jpg


ピストンちょーキレイ。

磨いた後ではないっすよ。

まんまこのままでした。




c0223419_22555689.jpg


シリンダーちょーキレイ。




c0223419_22561425.jpg


燃焼室も問題ないね。

いい感じの色合いじゃないすか?




c0223419_22564013.jpg


ま、外したからにはバルブ抜いて清掃ですよ。

せっかくバラしたんすからステムシール換えとけば、

発生が読みづらいオイル下がりなんかのトラブルも未然に防げて、

中古車オフロードバイクなのに超安心仕様ということで…。


安いからバルブも新品にしちゃいますよ、もう。






c0223419_22594469.jpg


カムもちょーキレイ。





コレもチェーンその他、新品にしますんでね~!!

フィルターは予備までありますよ~!



まだ計算してないんですが、コレも30万…前後かなぁ

(修正…20万チョイっす!)








YZ80なんて面白い隠し玉もありまして、

コイツは10万前後な格安オフロードバイクになる予定ですが、

リアサスオーバーホールでロッド再メッキ中なので間に合わず…、、、。



ピットクルー大人気シリーズなWR250Fがなんとか間に合うかどーか…、、、。




そんな感じの、


和田ぽんプライベートで勝手に開催!

大試乗会(2台)&オフロード中古車展示即売会

をやろうかと…。




試乗車や中古車がメタメタになるとマズイので、雨天順延っす(^ ^;

ただ来週はJEC-Litesなので順延すると5月になっちゃうんすけどね、、、。

あ、29日(祝火)でもダイジョブかなぁ~、、、。




ま、ただプライベートで行っといて、


誰も試乗車に乗らず、

誰も中古車に見向きもせず、

誰にも話しかけられもせず…、、、


だと自分のバイクだけ持っていって淡々と乗り込んでりゃよかったぜ!になるので、

興味アリーな方や、乗りに行くぜぃ的な方はコメント欄にでも

書き込んで頂けると絶対行きます。



書き込み激少な場合、そのまま夕方まで自宅で寝る可能性も出てきますんで…(爆)






そんな感じでシコヨロ~!!(*`ε´*)ノ
[PR]
by pitcrew_offroad | 2014-04-12 23:45 | BETA