バイク屋なりのオフロードの楽しみ方&メカニック情報


by pitcrew_offroad

週末のツーと水凸と鎖骨(*`ε´*)ノ

週末に迫った林道サワヤカツーリングですが最終告知をば!!

&昨日の水凸でのワンポイントレッスン

&近年の和田ぽん鎖骨状況…(*`ε´*)ノ



c0223419_1162139.jpg


7月27日群馬のほうにいきますよ!!

東北自動車道「蓮田SA(下り)」に、、、

8時集合!!

8時半までに出発…!!にしませう!

朝飯は食った方が良いと思うので済ませてくるか、

早めに来て蓮田SAでソバでも食っといて下さいまし、、、。



んで、んで、、、、

ルート的には関東屈指の長距離ダート栗原川林道を主に、

近隣の林道を走り繋ぐ…という予定だったんですが、

その辺の林道に詳しい林道マスター「ミスターM」が、、、

c0223419_11173491.jpg


こないだのWEX爺ヶ岳で負傷…( ´△`)

肛門裂傷…じゃなくて左腕裂傷喰らいまして、

メーターまで夥しい血痕が残る流血だったようで…、、、、。

またまたマーシャルやったWEX爺ヶ岳ネタは後日ちゃんとあげまする…。


んで、

そんな翌週なので、ミスターMはDNSとなり、

林道の水先案内人がいなくなりました(TεT)




ボク自身、桐生市のほうから入っていって、

小中新地林道を抜けて根利牧場へ、、、ちょいとUターンして栗原川林道、、、

抜けて老神温泉の混浴でパイオツを拝む、、、

というルートは2,3回やったことあるので(7、8年前)

多分行きゃあわかるんじゃねーかって感じっす!!



あとは進行に応じてルートを決めて行きましょう(*`ε´*)ノってコトで、、、。

まだまだメンバー募集中ですんで、

来れる人は来なさいよ。

夏のサワヤカフラットダートを満喫しましょう(*`ε´*)ノ



c0223419_11403831.jpg


ん~で、最近の鎖骨状況ですが、コレが手術直後のレントゲン写真。

ボッキリ折れたメイン鎖骨を人口骨とやらで固めて、

チタンプレート&ボルトで補強した和田ぽん鎖骨っす。



手術の時に「早くて半年でプレートを除去出来る」って聞いてまして、

4月で大学病院の先生が移動になり担当医が変わったんですが、

その先生にも行く度にいつ取れるのか聞いてまして、

前回の診察の時にも、

「次の診察で取れるようになりますかね??」

「なんとも言えませんが可能性はあります。順調ですし。」

って回答でした、、、。

「今回の診察でプレート撤去許可が下りれば8月頭に手術できる」

とまで聞いてたんですが、、、

c0223419_11423165.jpg


この日のレントゲンを見て先生の一言、、、。

「順調ですね。とくに問題ないので次の診察は三ヵ月後にしましょう。

以上です。」










「待てぇ~ぃ(*`ε´*)ノ」


先月までの話の流れからすると、

「来月外せますね。」or「まだなのでもうちょっと様子を見ましょう。」の二択だろ!?

何も言わずに次の診察が3ヵ月後ってどーゆーコトだ!!



っつーワケで当然先生に詰め寄ると

「じゃ、じゃあ来月にしましょう、、、」

じゃあってナンだ!?

2,3時間待って5分で終わる診察に毎月来てんだけど、

「意味ないなら来たくないわ~!!」

っつったら、


「通常プレートは1年は外れません。」

、、、だと。



じゃあ、今まで月イチで通って話してたハナシは何だったの??

「記憶にありません。勘違いしてお話していたかもしれないです。」


、、、、バカな(;´д` )

来月オッケーだった場合の入院などの手順まで話しておいて、

記憶にないとか勘違いとか有り得ないだろ!?っつって、

「仏の和田」と言われるボクでもちょっとイラつきまして、

詰問しまくってたら弱気な感じの先生が明らかにテンパっちゃいまして、

ナニ言っても「申し訳ありませんでした。」しか言わなくなったのでもーいいや、と。



再確認するとプレート外れるのは最低手術から1年。

つーコトはあと半年なんすね、、、(;´д` )ガッカリ



んで、不必要なら来たくないんで、次はいつ来れば?って聞くと、

「再来月来て下さい。」と、、、、。

間とりやがったな、、、と思ったけどいいや~、、、、、。



今まで「かなり順調に骨が繋がってきてる」と言われ続けてたので、

8月にプレートが取れて思いっきりオフロード出来るモンだと思って

今までガッツリ走らないようにしてましたが、、、

2月までなんて無理っす(*`ε´*)ノ

とゆーワケで


c0223419_1285862.jpg



鎖骨解禁!!

落ちた体力と筋力復活に向けて、練習&レースに打ち込む事にします!!

昨日の水凸は午前中から1人一時間耐久フルウッズなどをやり、

午後もみっちり走りこみました(*`▽´*)

最近の和田ぽん的フルウッズ一時間耐久は、

基本ボセキ以外のフルウッズをフルコースすべてで、

ボセキは1時間の中で3回アタックする、という自分ルール。

何周目にアタックするかは自分判断で、

スタックしたらやり直すか、気合いで押し登頂かのどちらかっす。

エスケープ変更は認められません(笑)


いい感じに筋肉が悲鳴をあげての走行は久しぶりで、、、

あーー、筋繊維破壊されてキモチいい~♪的な。



すでに骨も繋がってきてますし、

チタンは頑丈なのでダイジョブでしょう(*`ε´*)ノ

ってコトで8月、9月あたりからレース本格再始動します。




c0223419_12154158.jpg


昨日の水凸ではKDX125SRに乗る青年が、

用品揃えてデコボコデビューを果たしまして、

初めてにしてはかなり走れてました♪♪

将来有望なピットクルーTT新メンバー最有力候補っすね。




c0223419_12512283.jpg


先週の水凸ではオフロードやりたい!っていう19歳少年もいまして、

ちょっとジェベルがボロボロすぎる感じがありましたが、

チョコチョコ直して頑張っていきましょう!!

部員が増えそうな予感っす(*`ε´*)ノ




c0223419_1217535.jpg


午後はちょいとピットクルーTT女子部にコーチングつけてやりまして、

コンディションによっては1周も回れないかもしれない懸念がある、

8耐女子チームにハマった時のワンポイントアドバイス、、、。




c0223419_12185743.jpg


ワダチの中の結構な段差、、、。

多数のバイクが走行するレースではかなり出来やすい状態。

ワダチ走行中に誰かがハマってリアタイヤ空転させて掘れちゃったってヤツ。

こーゆートコでリアタイヤがハマッて、

アクセル全開でリアタイヤ空転して「ブオーーー」ってのは厳禁。

「なんとか登って~、、、」って念じながらひたすら空転させる人が

ヒジョーに多いですが、絶対そんなんじゃ登らないし、

ラインを一個潰して大ヒンシュクっす。

WEX爺ヶ岳でもヒジョーに多かったっす、そんな人。



ものすんごい段差の場合はフロントアップしないと超えられませんが、

その場合は多分ビギナーの方は視覚的にチャレンジする気にならないレベル。

この程度の段差だったらフロントアップはまったく必要なく、

アクセルワークのみのフロント抜重で問題ねっす。


c0223419_12231995.jpg


フロントタイヤが段差に差し掛かるちょい前に、

半クラあててアクセル捻って「ブリッ」と、、、。

フロントは全く上がらなくとも、加速と同時にフロントサスが伸びるので、

ストロークに余裕が出来ます。

その状態でフロントが段差に当たってもショックは少なく、失速も少なく済みます。

バランスも崩しにくいのでフツーに加速していくより圧倒的に越えやすいんす。


余裕があれば半クラ&アクセルワークにボディアクションも加えるとベスト。

ポイントは「フロントアップはしなくてよい」っす。

無理にフロントアップしようとすると上がりすぎたり上がらなかったり、

失敗or成功でバイクの挙動が変わりバランス崩しがちだし、ビギナーは怖い。

そこで、どーせ上がらない程度のボディアクションを恐怖心なく行うコトで、

安定して超えられるようになる…ハズ。


c0223419_12281695.jpg


ワダチにバイクが入ってると言う事は、

ワダチ両脇にヒジョーに足が着きやすいので、

リアタイヤが段差を越えるときに両足でアシストできるとなおベスト。

リアタイヤが完全に越えるまで頑張る!!が合言葉。

その後に転んでも構わないので、

とにかくリアタイヤさえ越えちゃえば、ハマるよりタイムロスは少ないっす。

女子部員みおみお、レクチャーどおりクリアっす。

そして女子部員こずこずにはハマッた場合のやり方、、、。



c0223419_12303525.jpg


そしてリアタイヤがハマっちゃった時の対処法は、

まずはフロントタイヤが段差に落ちないギリギリまで下がる。

そうすることでリアタイヤと段差までに2~30センチ助走距離が作れます。


木の根や岩、段差などのワダチ内の障害に対し、

10センチでもあるのとないのでは大きな違いがあります。

可能な限り下がって勢いつけて加速。

&先ほどのリアタイヤが越える時の両足アシストで越えるハズ…。


試してみるのが一番分かりやすいですが、

数十センチ助走をつけるとリアタイヤが多少段差に登り越えようとします。

勢いが足りないとその後また段差から戻るように落ちますが、

コレを両足踏ん張りでサポートするのです。


なので、勢いつけると言っても、一気に半クラ繋いでドンッ!と出るより、

確実にトラクションさせながら段差を越える時に一番トルクが出るように、、、。



リアタイヤがナニかに引っかかってストップってのは、

レースではヒジョーに多いので役に立つ……ハズ。

アレ?と思ったらリアタイヤの位置確認っす。


ほんの数センチリアタイヤがズレるだけで、

木の根や岩を避けるコトが出来ますからね、、、。





そんな感じで昨日は仲間内人数も多く、

久々思いっきり走れて、楽しめた一日でした(*`▽´*)







今日のネタをまとめると、、、、

8時蓮田SA(下り)集合!!

まだ参加者募集中(*`ε´*)ノ





ってコトっすね!!
[PR]
by pitcrew_offroad | 2014-07-24 12:58 | オフロードイベント